グーグル・アラートに引っかかってきたニュース記事ですが、イーベイ傘下のPaypalが、映画The Rape of NankingのDVD販売を中止するよう、プロデューサーであるRhawn Joseph氏に求めているそうです。このドキュメンタリー映画は、日本人への憎悪を助長し好ましくないとの判断があったようです。

すでにアマゾン以外のDVD流通業者には取り扱いを断られていたことに加え、さらに今回、ネット上の決済業務において独占的な地位を占めているPaypalによる口座凍結。これによりDVD販売の道は閉ざされ、Rhawn Joseph氏は資金的にも致命的なダメージをうけると書いてあります。他の作品も含めて、ネット上での自主販売すらできなくなり、廃業に追い込まれる可能性があるとのことです。




Ebay-affiliated Paypal declares war on 'The Rape of Nanking'
13/9/2007 17:27



Paypal, which is owned by Ebay, has declared war on "The Rape of Nanking" in an attempt to cover up Japanese war crimes, the documentary producer said yesterday.

Paypal has demanded that the producers of documentary stop selling the DVD of this film, independent producer Rhawn Joseph said in a statement.

Paypal has complained that this film "generates hatred, thus " completely unacceptable and cannot and should not be sold," said Joseph.

Because the film reveals Japanese war crimes, including the rape, bayoneting, burning, and torture of innocent Chinese and other Asian people, and because it makes the Japanese look bad, Paypal considers the film "not acceptable," said Joseph.

This was an attempt by Paypal to cover up Japanese war crimes, he said.

Paypal, which processes credit card payments, and has monopoly status in the United States, has also frozen the accounts of the producers, preventing them from gaining access to funds generated through the sales of the Rape of Nanking DVD and other legitimate products, Joseph said.

"Paypal has declared war on this film, and is trying to put the producers out of business," he said.

Because of Paypal's hindrance, the producers can no longer sell this film, or any other product, from their websites. As distributors in the United States have also refused to distribute the DVD, this makes it almost impossible for anyone in the United States to purchase this film which, now, can only be purchased from one online store, Amazon.com, according to Joseph.

Joseph said he has tried for days to resolve these issues, but without success. Instead, Paypal executives have chosen to lie to him and to make slanderous and hateful statements about this film.

"The attack on this film by Paypal is yet another example of the extreme difficulties faced by the producers of this film," said Joseph.

In February, Youtube removed this film from the Youtube website for a 48 hour period and only agreed to put it back online after Joseph, the producer, threatened to file a lawsuit.

In addition to the threats and attacks by Paypal, the producers have received threats from right wing Japanese, who, along with Paypal, have attempted to stop this film in order to cover up Japanese war crimes.

"Paypal has clearly allied itself with right wing Japanese who have repeatedly tried to stop this film," said Joseph.

The actions of Paypal, a major American corporation, are part of a continuing pattern of attack by certain American companies and the American media, on the people of China, Joseph said.

The New York Times, for example, has recently dismissed Japanese war crimes as insignificant, describing these atrocities as "misbehavior" that should be forgotten.

Many American newspapers have begun printing cartoons drawn by a Japanese, which directly attacks the Chinese people. These cartoons are called: Secret Asian Man. These cartoons are clearly racist and are designed to make the American people hate China and the Chinese people, said Joseph.

The Rape of Nanking has now been seen by over 4 million people and is ranked among the top 10 "Most Discussed Film of All Time" ( Youtube). It is regarded as one of the best movies ever made about this tragedy.

Xinhua
在米ジャーナリストの徳留絹枝という方によると、先の決議採択ではラントス外交委員長のご夫人、アネット・ラントスが一生懸命だったようです。

「『慰安婦決議が先ほど採択されましたよ』筆者の長年の友人であるトム・ラントス下院外交委員会議長夫人アネットさんの電話の声は弾んでいた。筆者が関連の記事を書いていることを知っていた夫人が7月30日午後、真っ先に知らせてくれたのだ。」
http://www.us-japandialogueonpows.org/CWresolution-J.htm
捕虜 日米の対話
http://www.us-japandialogueonpows.org/index-J.htm

徳留さん自身も筋金入りの反日ジャーナリストのようですが、こういう敵方のインサイダーである人の見解も色々と参考になります。

「マイケル・ホンダ議員により1月に提出されてから半年、これまで数回提出されながら廃案となってきた『慰安婦』決議が、今回初めて下院本会議で採択された理由は何だったのか。本稿では、決議案作成から採択までの背景、決議案を支援した人々、そして採択を実現させたラントス議長の横顔を紹介し、最後に今回の採択が日本に問いかけるものを考えてみたい。」

とわざわざ解説までしてくれています。自信にあふれているわけですが、人間のやることですからね。失敗は人を謙虚にしますが、成功と自信は往々にして人を傲慢にしてしまいますから墓穴を掘るときもくるでしょう。

彼女たちが、米下院決議の威をかりて各地の議会に同様の決議を採択するよう迫っている今こそ、先の成功があだとなって横柄な態度になってくれないものかと密かに期待しているところです。議員さんたちに嫌われてくれればしめたものですけれどね。
米下院における慰安婦決議を受けて、予想通りの展開を予兆する記事がグーグル・アラートに引っかかってくるようになりました。


'Comfort women' get support from US Congress
Sigrid Deters
31-07-2007
Radio Netherlands


例の有名なオランダ人女性(国籍オーストラリア)が、他国も米下院に続いて慰安婦決議案を採択することを願っているとの記事です。


The United States has called on Japan to apologise unambiguously for the suffering endured by the 'comfort women' during the Second World War. One of these women, Dutch-born Jeanne Ruff O'Herne of Australia, hopes other countries will follow the American lead.



Time to stand up for comfort women
Tue 31 Jul 2007
New Democratic Party of Canada


カナダの新民主党議員が与党に対して、米下院に続いて慰安婦決議を採択するように呼びかけているとの記事です。


NDP urges Conservatives to follow the lead from US resolution

OTTAWA -- The NDP critic for Human Rights called on the Conservative government to follow the lead from the US House of Representatives and approve a resolution to call on the Japanese Prime Minister to acknowledge, apologize and appropriately compensate the Korean, Chinese and Filipino women who were forced into prostitution during WWII.

NDP MP Wayne Marston (Hamilton East-Stoney Creek) stated, "We must act in accordance with the principles of defending human rights that ordinary Canadians believe in. Around 200,000 women were lured from their homes in neighboring countries and forced to work as prostitutes for the Japanese military. Japan should officially apologize and compensate these women and Canada should be urging them to do so."



Abe: Must clarify views on 'comfort women'
08/01/2007
THE ASAHI SHIMBUN


中国で元慰安婦を診察してきた関西学院の野田正彰教授は、アジアでも同様の決議がでてくるから覚悟しておくようにと言っています。


Masaaki Noda, a professor of psychopathology at Kwansei Gakuin University, said the government must heed similar resolutions adopted in Asian countries.

Noda examined six former "comfort women" now living in China in June. The elderly women still experience severe post-traumatic stress, Noda said.

"The former 'comfort women' are still suffering," he said. "Japan has a responsibility to support their treatment."






日本と世界が対立する構図は好ましくないので避けなければなりません。たかが慰安婦問題という領域を超えて、日米間の対立、世界との対立にすりかえられては困ります。

政府には、どこの議会からどんな決議が出てきても「アドバイスは拝聴するが、日本政府の方針に変わりはない。」と穏やかに丁寧に繰り返すだけにとどめていただきたいものです。

最終的に勝利する意志があるのなら、敵とみなす対象を限定してできるだけ多くを中立、味方とみなしておくべきことは自明です。敵の数を増やしながら戦い続けることはできません。あの田中角栄も言っています。

「敵を減らせ。味方を増やせ。その間に広大な中立地帯を築け。それで初めて勝利が見えてくる。」(※確か早坂茂三の著書に書いてあったと記憶しています。)

20年後でも30年後であっても勝利するとの覚悟と決心があれば、時々の逆風にも耐えられるはずです。

その上で、我々は味方を探さなければなりません。しかし今のままでは味方は見つかりそうにありませんから、そうするには問題のすりかえが必要になります。

今現在、この問題は日本政府と慰安婦との対立として提起されています。となると慰安婦側につくという人が多くなるのは必定です。そこで、今回成立を見た慰安婦決議をもっと一般化させて「すべての戦争被害者への謝罪と賠償、人道問題への賠償」というテーマへとアップグレードさせる必要が出てきます。そうすれば、かつて帝国主義者だった世界中の政府にも同様の圧力がかかりはじめます。

中でもアメリカ政府に対する巨額賠償請求の思いなら、南米諸国にもイラクにも火種があります。特に南米においては、古くは1800年代からの搾取、陰謀、政府転覆、虐殺への怒りが今なおフツフツとしています。

イラクや南米の人たちが人道問題をめぐって米議会に圧力をかける分には、我々には関係ありません。オランダ議会が変な決議を採択すれば、我々ではなくインドネシアの民に圧力をかけてもらいましょう。オーストラリアにはアボリジニがいます。英国は言うまでもありません。きっかけを探している活動家には良いチャンスとなるでしょう。

トム・ラントスは、かっこうよくこう言い放っています。


House Foreign Affairs Committee Chairman Tom Lantos (D-CA) said at the Committee vote, "The true strength of a nation is tested when it is forced to confront the darkest chapters in its history. Will it have the courage to face up to the truth of its past, or will it hide from those truths in the desperate and foolish hope they will fade with time?"

下院外交委員長であるトム・ラントス議員は、委員会決議にあたってこう述べた。
「歴史を顧みて、自国の暗い過去を直視するよう迫られたときにこそ一国の真の強さが試されるものである。自国の過去を真正面から見据える勇気があるか、それとも、時による消去という愚かな望みを抱いて、真実から逃げ回るのかである。」



今後、多くの人がこの発言を利用するでしょう。色々な使い道がありそうです。すでに米国内には、この言葉をイラク問題へ適応したがっている人はいます。

Guest Post by Mindy Kotler: Comfort Women, US-Japan Historic Justice and the Bush Administration

このブログのコメント欄を見れば分るとおり、このラントス発言は慰安婦問題程度に適用されるよりも、もっと巨大な問題にこそ適用されるべきというわけです。

Please let's now draw up a House Resolution asking for forgiveness from the Iraqi People for all the havoc we have caused in their country. Maybe that perfidious Lantos could also draw up a resolution questioning the IDF's decision to blanket Southern Lebanon with cluster bombs in the waning days of the war. What will it take for this country to wake up to the perils of foreign infiltrators?

Posted by: downtown at July 31, 2007 01:57 PM



God, I am sick of this shit. 650,000 dead Iraqi non-conbatants in Iraq, an AG whose first act every morning is to wipe his ass with our Consitution, and I'm paying these fuckers in Washington to have circle jerks?

Posted by: PissedOffAmerican at July 31, 2007 08:28 AM



Oh dear, those self righteous preachers of moral clarity in the Bush administration are once again behaving like moral relativists. But will the corporate media notice?
Posted by: JohnH at July 30, 2007 10:22 PM

A completely meaningless resolution and a total waste of time by our Congress that should be securing our national borders.

Why not a resolution condemning what Pontius Pilate did to Jesus?

Or a resolution condemning the Aztecs for the cannibalistic sacrifice of virgins on the top of pyramids.

Or a resolution condeming the German invasion of Belgium in WWII.

Or a thousand other ridiculous and meaningless resolutions for every ill every perpetrated in the history of the Earth.

The ridicolous things liberals waste their time on.

Posted by: Robert Morrow at July 30, 2007 10:42 PM




こちらのMSNBCの記事へのコメント欄では、「議会が時間の無駄にしている」との意見が結構よせられています。ここでは、決議案にネガティブな印象を持っている人が多いようです。

CONGRESS TAKES UP CONTROVERSIAL MEASURE
Posted: Monday, July 30, 2007 11:11 AM by Mark Murray


I'm a liberal myself, but I must admit I wish Congress would be doing other things related to America instead. Asking Japan to apologize for something Japan did to Japanese is just too ridiculous to put into words, and debating about the Armenian Genocide might be even worse. I can see how these issues might disappoint the general population, but would it be enough to give power back to the neocons? I don't think so.

Peterson (Sent Monday, July 30, 2007 3:38 PM)



Mike Honda seems to bringing his personnal issues to his workplace. And please don't start diatribes against the left when republicans often present equally divergent resolutions now and during their majority rule.

CJ (Sent Monday, July 30, 2007 4:15 PM)



wasted time in congress. period. done. over. next issue.

Mark Y; Westlake Village, cA (Sent Monday, July 30, 2007 4:52 PM)


参院選が終わって日本のメディアの関心がそちらにある間に、慰安婦決議案が米下院で採択されるそうです。日本の世論の動向を一応は気にしているということでしょうか。今後は、米下院のお墨付きをバックに、彼女たちがどのように世界展開をはかろうとするかでしょうね。

彼女たちにとっては、何か「新しい状況」が創出されなければ目的を達成する糸口がないわけですから、日米関係悪化、対EU関係悪化のような事態は願ったりかなったりなわけです。自分たちに成り代わって他国の政治が動いてくれる。しかも日本政府を罰してやったとの満足感も得られる。日本政府がこのような「新しい状況」の創出に、まんまと手を貸すようなことになってもらっては困ります。




グーグル・アラートに引っかかってきた慰安婦、南京関連の記事を3本。

'Sexual slavery: The worst war crime'
July 26 2007


元慰安婦による抗議活動についてのニュース記事です。南ア共和国の日本大使館前での抗議活動が報告されています。どうして南アなのかと思いましたが、ここでは人権問題に関しては支持が得やすいのでしょうね。あやふやですが、女性への性暴力が蔓延していると聞いたことがあるような気がします。



"Sexual slavery: The worst war crime" proclaimed a sign held by a protester outside the Japanese embassy in Pretoria on Wednesday.

A group gathered at the embassy to protest Japan's practice of making "comfort women" available to its soldiers during World War 2. It is believed that about 200 000 women were captured and kept as sex slaves.

Taken from all over Asia, but especially Korea, these women were coerced into a life of perpetual rape.

The protest was organised by Moon-Su Park and Naomi Pienaar, chairperson and vice-chairperson of the United Africa Student Council, an NGO that does mainly charity work.




Beijing Newspeak
The massacre of "Nanking" in Chinese cinemas
2007/07/27


Beijing Newspeakというブログによると、AOLのTed Leonsisによる映画「南京」は、2007年7月現在、すでに中国国内での上映が始まっているものの興行的にはあまりうまく行ってないそうです。



Perhaps, many people just aren't that interested in seeing the film. It is not exactly easy viewing. A colleague said a common feeling among some of her Chinese friends was that they didn’t really want to watch people from outside China recounting how they managed to save the Chinese people during the massacre. There is the feeling it makes the Chinese look vulnerable and weak, she said. I’m sure many would disagree with this thinking. And of course, in terms of entertainment value, Transformers wins hands down. When I saw Nanking, there were quite a few young people sitting near us. One couple chatted throughout, occasionally glancing at the screen and saying "that's terrible" and then returning to their conversation. They left before the end, as did the couple in front of us who played with their mobile phones throughout much to the irritation of everyone else. These are just a couple of observations - they were in the minority.



Asianweek.com
Don’t Support Revisionist History
Phillip W. Chung, Jul 27, 2007


水島総監督による映画「南京の真実」についての話題です。中国系のVic Chaoという俳優が、この映画のオーディションに参加しないようにハリウッドのアジア系俳優に呼びかけているという話です。



"If you are an actor who has been offered an audition or role … I urge you to not be involved in this project. There is no upside to working on this, as the SAG Low Budget pay is minimal and the writing is awful. … being involved with this film makes you a tool of revisionist history that desecrates the memory of its hundreds of thousands of victims."

産経イザ!に「やばいぞ日本」という連載があるのですが、慰安婦問題をテーマにした記事にアジア系の「丸顔の男」が登場します。この記事の中では下院決議の背後にいる黒幕の一人として描かれています。なかなか興味深いので、このアジア系男性の発言を抜粋ておきます。

【やばいぞ日本】序章 没落が始まった(3)
「収まらないな慰安婦問題は」07/09

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/62956/



1.「こちらからみていると、『ヘビの頭を切らないといけないな』と思えてくるんですよ。日本をみていると、ね」。丸顔の男は、そういって冷えた茶を口に含んだ。

2.「アメリカの政治で、ユダヤ人が一番多く政治資金を出す。その次はアジア人。今、カネを出せるアジア人で、日本に反発する人間がどれだけいると思いますか」

3.「そのアジア人たちが、(ホロコースト=大虐殺の歴史を徹底的に追及した)ユダヤ人の手法を学び、同じことを今度はアジアでやろうと立ち上がった。この問題は絶対に終わらない。今回通過しなくても、またやります。今度は世界的にやります。」

4.「あした、ここにマイク・ホンダ(米下院議員)が来ます」

5.ホンダ議員について、男は「単純な男です。(慰安婦問題の追及を)私がやめろといえば、やめるでしょう」という。本当に動かしているのがだれだか分からないのか、とでもいいたげだった。

6.「カネはある」と男はいう。「今、アジア系はカネを持っている。100万ドルや200万ドル、ぽんと出せるアジア人がいくらでもいる」
 男は、駐米中国大使を知っているともいう。

7.ひとしきり、アジア各国の有力者との交遊に話が及んだ。そして、ふと思いついたように、「ところで、日本の諜報(ちょうほう)部隊はなにをしているんだ。ここには、来たことがないな」。
 男は冷ややかに言いはなった。




第一印象としては、まだ洗練された組織があるような印象は受けません。ビジネスで成功して、ちょっと勘違いしてしまった方のような印象です。

真に元慰安婦を気遣い、彼女たちの生涯を気にかけている活動家というよりも、どちらかといえば慰安婦問題にかこつけてナショナリズム的欲求を満足させたがって人であるような印象を受けます。

この男性の言葉からは、米国内のアジア系が傲慢になり始めているのかも知れないとの印象を受けます。そうなればアメリカ社会において、遠からず叩かれ始める可能性もあります。

日本の歴史認識について強いいきどおりを感じていることは間違いないようですが、それに加えてこの方の場合、明らかに「大物と認知されたい」「影響力の誇示してみたい」など虚栄心を満足させたいとの欲求も強いようです。

しかも「ところで、日本の諜報(ちょうほう)部隊はなにをしているんだ。ここには、来たことがないな」とわざわざ発言したということは、彼の心の中には、日本人にこそ実力者として認知されたいとの願望もあるようです。

日本政府を罰してやりたいとの願望が強く、それが可能だと思い始めているようです。

このレポートで見る限り、彼が強調したのは、「資金力」「政治的影響力」「交友関係」ですから、この3点が彼らの強みであると認識しているようです。

敵が何気なく発する情報から、彼らが自分たちの強み、弱みをどう認識しているのか、また日本側の強み、弱みをどう理解しているのかを読み取るのは面白いですね。注意していれば、敵方の内情もある程度見えてきます。
// HOME // Next page >>
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク