捕鯨問題がトピックになってました。捕鯨に積極的に賛成の人はいないみたい。ただ捕鯨の一体何がいけないのかわからないと主張する人はいる。幾つか論点を拾ってみた。

・鯨は人間並みの知性を持つ生き物だから殺してはいけない。
・鯨の数は限られている。
・鯨は魚類と違いたくさんの子供を産むわけではない。
・鯨を不必要に苦しめずに捕獲する方法は無い。
・タグを付けてGPSシステムで補足し養殖すれば場所の問題は無い。
・鯨を年1000頭養殖するためには少なくとも2000頭の親鯨が必要であり、現実的ではない。

僕はとりあえず、現在、鯨の頭数は十分であり、大量の海の資源を消費しているので多少は頭数を減らす必要があるとの意見があると書き込んでおいた。

There is another point about whale hunting that has not been raised in this thread. They say here in Japan that we have too many whales, like mink whale, now and they are consuming fishery resources in a massive scale as they need to eat a lot everyday. The number of whales has to be reduced to a certain level. I do not know if that is true or not, but that seems to be one of the conclusions Japanese researchers have reached from their study of whales which were hunted for research purposes over the last 20 years or so.

Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/1-eabe6a94
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク