中国人医師wchao37氏の意見の続きです。

前回はここまで。
中国人医師Wei Chao氏の意見
中国人医師Wei Chao氏の意見2

5.中国の「対日新思考」集団

まだ物が不足していた時代に育ち、現在50代後半、中国社会で中堅の幹部となっている世代がある。海外の事情について学術的に学んだわけでもなく、ましてや実際に海外で暮らした経験などないので、そんな彼らは海外に出ると簡単に影響されやすかった。この世代の中には学者のふりをして、今は消え去った「対日新思考」を提唱するものがいた。

人民日報のMa Lichengと、中国人民大学のSi Yinhongに代表されるこの中年男性のグループは、この国の日本軍国主義との戦いに悪い影響を及ぼした。

Ma氏は2002年1月に日本へわたり、その後、北京を本拠とする隔月雑誌「戦略と経営」の2002年12月号に彼のエッセーが掲載された。日本人は彼のような人物が中国に現れることを待ち望んでいたので、Ma氏はすぐに彼らのヒーローとなった。人民日報の副編集長だったことも影響し、彼はすぐに中国と日本の間の言い争いの渦に飲み込まれていった。

日本人は、当時、中国指導層に新しい世代が加わり、過去の軍国主義に対する中国側の態度が変化しつつあると考えた。しかしながらMa氏らの発言から、彼らは日本についてほとんど理解しておらず、文化革命の失われた世代の内に数えられるべき人たちであった。Ma氏の「新思考」の主要テーマは次のようなものである。

1.モンゴルは20万の軍勢と何千もの船を使い日本を攻撃していたので、日本の中国侵略は一方的な出来事ではなかった。

2.日本は中国の台頭を恐れているのであり、中日貿易においてサプライ・チェーン(供給プロセス)を維持するために、我々は日本との関係を損なわないように、60年前の戦争犯罪をくどくど言いつづけるべきではない。

3.歴史的事実を改竄している教科書は、極々一部の学校でしか採用されておらず、したがって右よりの学校が採用したからと言って目くじらを立てるほどのことではない。

4.日本はずっと低利のローンを中国に提供しており、そのおかげで巨大プロジェクト実行することができた。

これらMa氏の指摘する4点に対応する反論は次の通り。

1.モンゴルの船団は日本に到着することすらなかった。台風による荒海の中で破壊されてしまった。そうでなければ伝説の「神風」などは歴史上存在しなかった。

2.日本との関係を悪化させることを恐れ原則的な問題で譲歩すれば、日本は調子に乗りますます我々を軽く見るようになる。国際関係においては、柔軟さは軽んじられる元である。トウ小平(Deng Xiaoping)が1984年に「英国による事実上の植民地を継続させなければ香港が繁栄しないのなら、そんな繁栄は恥でしかない」とマーガレット・サッチャーに語ったように、中国の近代化が、日本の戦争犯罪者や歴史をもみ消そうとするその子孫たちとの協力により成り立っているとするならば、そんな近代化には元々価値はない。

3.教科書問題は単に一国の問題ではない。もし日本の近隣諸国が基本的事実の歪曲を看過しつづけるならば、いずれは機が熟し、日本の学校全体で使われるようになるまでそう時間はかからないだろう。したがって教科書の採用率は、ばかげた歴史の歪曲が容認される理由とはならない。

4.ローンは返済されなければならなかった。贈り物ではなかったのである。1895年の下関条約調印の席での戦争賠償金の厳しい要求に比べれば(中国代表のLi Hongchanには現在の価値で何十兆円にもなる何十何百トンもの銀の支払い要求に応じるしか選択肢はなかった)、日本からのローンの額などたいしたことはない。清政府からの賠償金こそが1900年代の日本の急速な工業化の原動力となった。日本から借り入れたローンは日中戦争期間中に失われた損失の極一部、限りなく小さな一部でしかない。しかもそれには人命の損失、制裁目的の賠償金、その他有形無形の損失は含まれていない。

更に、日本で眠っていた現金には、さまざまな市場部門向けの投資先が必要だった。有望であったが現金のない中国との関係を安定させることにより、経済的、政治的目的を達成するすることは日本の利益であった。中国へのローンはそろそろ終わりつつあるが、こんどは南アジア、東南アジアあるいはアフリカ諸国への商業貸付に形を変え、再度振り向けられるだけである。政治経済上の自己利益がローン政策を左右してきたのであり、地政学上の目的を達成するための投資なのだ。中国へのローンも同じであった。



V. China’s crop of "New Thinkers about Japan"

◇ ◇ ◇


There is a whole generation of Chinese cadres in their late fifties who grew up in the materially disadvantaged years of the CR. Having little academic background and even less actual experience living in foreign lands, they were too impressionable when they went abroad. These folks included some advocates masquerading as scholars touting the now-defunct "New Thinking about Japan."

This group of middle-aged men, represented by Ma Licheng of People’s Daily and Si Yinhong of Renmin University, played harmful roles in the nation’s fight against Japanese militarism.

Ma went to Japan once in January, 2002, after which he wrote an essay which appeared in the bi-monthly December 2002 issue of Beijing-based "Strategy and Management." The Japanese were waiting for someone like him to appear on the Chinese horizon and he became their instant hero. The fact that Ma was working as a vice-editor at People’s Daily helped to fan the flame - it catapulted him headlong into the maelstrom of the Sino-Japanese war of words.

The Japanese actually thought there was a change of official attitude towards their militarist past with the new generation of Chinese leaders coming in at that time. From the utterances of the likes of Ma, however, it could be seen that these men didn’t understand squats about Japan and should be counted as amongst the lost generation of the Cultural Revolution. Ma’s main themes in his "New Thinking" include the following:

1. The Mongols had attacked Japan with 200,000 soldiers in thousands of ships. So the Japanese invasion of China was not a one-sided event.

2. Japan has reason to fear China’s rise and in order to keep the supply chain going in Sino-Japanese trade, we should not harm the relationship by constantly harping on Japanese war crimes 60 years ago.

3. The textbooks distorting the historical facts were used in only a small fraction of Japanese schools and hence there is no need to be hysterical on such a small usage by the rightist schools.

4. Japan has been lending us low-interest loans making it possible for us to build several mega-projects.

The four corresponding point-by-point refutations of Ma are:

1. The Mongolian ships never even reached Japan. They were destroyed by storms in the treacherous waters. Or else there wouldn’t have been any legendary Kamikaze or Divine Winds in Japanese history.

2. The more we fear alienating the Japanese even on matters of principle, the more they will advance and take us for granted. Meekness buys nothing except disdain in international relations. If the success of China’s modernization has to be premised on her people’s cooperating with Japanese war criminals and their descendants in whitewashing the past, then such modernization would have been meaningless anyway, just as Deng Xiaoping had told Margaret Thatcher in 1984 that if Hongkong’s continued prosperity had to depend on continued de facto British colonial administration, such ‘prosperity’ would have been nothing but shame.

3. The textbook issue is not just a national issue. If such distortions of basic facts are allowed to continue unchallenged by Japan’s neighbors, it would take only two seconds for the textbooks to be used en masse in all Japanese schools once the time is ripe. Therefore the percentage of usage of such books cannot be used as an excuse that ludicrous distortions can be tolerated.

4. The loans had to be repaid. They were not gifts. Compared to the sharp demands for war reparations at the signing ceremony of the Treaty of Shimonoseki in 1895 when China’s representative Li Hongchan was allowed only to respond "yes" or "no" to a Japanese war reparations demand that amounted to millions of taels of silver (equivalent to many many billions of dollars today), the loan amounts weren’t impressive at all. This reparations money from the Qing government was the fuel that drove the engine of Japan’s rapid industrialization in the early 1900s. Here, China’s loans borrowed from Japan constituted but a infinitesimally small fraction of the financial losses of China sustained during the Sino-Japanese War, not to speak of lives lost, punitive monetary compensation receivables, and other tangible or intangible losses during the war.

What’s more, Japan’s cash caches need investment outlets in many market sectors. It was to her advantage to accomplish both economic and political goals through stabilizing her relationship with an up-and-coming but cash-strapped China in the last decades of the Twentieth Century. The loans are coming to an end in China today, but they are merely re-directed to South and Southeast Asian as well as African nations in the form of commercial investment venues to achieve their geopolitical aims, showing that political and economic self-interests have always been guiding her loan policies, and those to China weren’t exceptions.

Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/103-ba406f82
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク