中国人医師wchao37氏の意見の最後の部分(残り)です。



前回はここまで。
中国人医師Wei Chao氏の意見
中国人医師Wei Chao氏の意見2
中国人医師Wei Chao氏の意見3
中国人医師Wei Chao氏の意見4

◆ ◆ ◆



日本人との交流においては不断の注意が不可欠である。

未来の日中交流は、双方の経済補完関係を反映するものでなければならない。氷河期に日本が大陸より切り離されたときから、日中のサブカルチャーが異なる発展を遂げることは運命付けられていた。しかし、浅く荒い一片の海に隔てられただけの二国は、互いに近い(距離は近いが心は遠い)ことはまぎれもない事実であり変更することもできない。だから事態が後戻りできない一線を超えないように、国家として最高レベルの知恵が要求される。日本の将来のためには、日本人は犠牲者に同情しているふりをするのではなく、心からそうすることを学ぶ、そこからはじめるべきだ。

毛沢東は国民党と共産党の交流についてこう述べたことがある。

「国民党と連合のために連合しようとする者は必ず失敗するだろう。しかし闘争を連合を達成する手段として使う者は成功するだろう。」

日中関係ににも同じ原則を当てはめることができる。

中国は合意された枠組み内で、粘り強く現実的な交渉を通じてコンセンサスを達成するのが得意である。そうは言っても、国としての総合力以上のことは外交では達成できない。

6者協議にもよく表れているが、この長い歴史の国は日本との交渉においても、国家の総合力に基づいて、対立の真綿を平和の布地へと、巧みな交渉の糸を使いながら織り上げることができるであろう。

Wei Chao, 医師
香港特別行政区




Perpetual vigilance is essential in dealing with the Japanese.

Future Sino-Japanese interactions ought to be a reflection of the complementarity of their economic structures. Ever since the last Ice Age at which time Japan was separated from Mainland Asia, it was pre-ordained that the Chinese and Japanese subcultures would develop differently. But our seeming geographic proximity with our two nations separated by a thin but turbulent strip of water - making us so near and yet so far apart psychologically - is a fact that cannot be changed, and it beckons our national wisdom at the highest level not to let events drift past a point of no return. For her own future prospects, the Japanese should start by learning to truly commiserate with her former victims and not just pretend to do so.

Mao had commented on the CCP interactions with the KMT this way:

"Those who unite with the KMT for the sake of unity will fail, but those who use struggle as a means of achieving unity will succeed."


The same principle can be applied to Sino-Japanese relations.

China is quite adept at achieving a consensus through patient and practical negotiations within an agreed framework. Still, however, diplomatic success is premised on her achieving a commensurate level in her aggregate national strength.

As the Six-Party talks illustrated so well, the Old Country could weave the raw cotton of confrontation into a fabric of peace through using skillful threads of negotiations with the Japanese based on such aggregate strength.


Wei Chao, M.D.
HKSAR

Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/105-9e07de53
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク