機械翻訳の続きです。

前半はここです。
中国人医師Wei Chao氏の意見7

◆ ◆ ◆



  1939年9月、ヨーロッパの戦争が爆発した後に、ナチスのドイツは1番の敵になって、ヨーロッパは主要な戦場になる。その時、ソ米は同盟国の直面する1つの重要な任務を同じとみなして、日本の動作を束縛して、それをドイツとよく協力させることができなくて、それによって集中の力はまずヨーロッパでドイツを打ち負かす。1940年9月、米国は正式に“先欧の後でアジアの”の戦略の方針を制定した。1941年12月、日本がパールハーバーを奇襲した後に、米国の公衆は強烈に戦略重点的にをヨーロッパからアジア太平洋に転送することを求める。チャーチルはこのために心配でたまらない。国内の反対の日のあらしに直面して、ルーズベルトは依然として“先欧の後でアジアの”の戦略の方針を堅持する。彼が中国の抗日戦争の重要な戦略の地位を見たため、彼は中国人民の抗日戦争を利用して日本の極東での拡張を抑制することを決心する。米国の方策グループも何度も強調して、“中国が当然太平洋の国防事務の中心の点がある”。

  事実はまさにこのようだ。1941年末、日本の210万人の陸軍の総括的な兵力の中で、中国戦場の上に140万人がいて、太平洋戦場のに入って40万人だけあることができる。太平洋戦場の上で同盟軍の戦う最も激烈で最も危険な時期、日本の陸軍の総括的な兵力の2/3以上、依然として必死に“くぎ”は中国戦場の上で動きがとれなくなられて、それによって太平洋戦場の上の同盟軍に最も危険な時期を過ごさせた。


  このために、ルーズベルトはかつて彼の息子の伊里奥に対して言った:“もしも中国がないなら、もしも中国はたたきつぶされたのなら、あなたはどれだけの師団の日本の兵がそのためその他の地方に異動になって戦うことができることを考えてみる?彼らはすぐオーストラリアを築くことができて、インドを築く ――彼らは少しも苦労していなくこれらの地方を打ち落とすことができて、しかもずっと中東に突き進んでいることができる。”“日本はドイツと協力し始めることができて、一回の大規模な反撃を行って、近東で合流して、ソ連を完全に隔離し始めて、エジプトを併呑して、断ち切って地中海のすべての輸送線に通じる。”1942年4月、チャーチルも言う:“中国は崩壊すると、少なくとも日本軍の15の師団を使用することができ(ありえ)て、20の師団はあけて売り渡してくるかも知れない。その後、大挙してインドを侵犯して、確かに有り得た。”当時の米英の首脳のこれらの評論の中から見抜くことができて、中国の抗日戦争は第2次世界大戦の全体の局面に対してどんなに重要な障壁の保護して支援する作用を発揮した。

  フランスが敗けて下がった後に、ナチスのドイツが始めて蘇戦争の危険を侵略する日に日に深刻だ。集中の力のためにドイツに対処して、ソ連はその時1つの非常に緊迫する戦略任務はベストを尽くして日の蘇戦争を免れるか遅らせた。このために、ソ連は一方では外交手段を発揮して、1941年4月にと日本は中立の条約を締結する;一方は強力に中国人民の抗日戦争を支援して、中国の抗日戦争を利用して日本の動作を束縛する。スターリンは華の軍事の代表団の団長の崔しかし夫を援助することに対して中国に対して使命を配置する時明確に指摘している:当面の最も重要な任務“しっかり日本の侵略者の動作を縛る。日本の侵略者の動作が縛られて居住する時だけあって、私達はドイツの侵略者がいったん私達に進撃したらの時2線がようやく戦うことを免れることができる”。

  中国戦場は直接同盟軍に協力して日に対して戦う アジア・太平洋地域の同盟軍のために戦って各種の支援を提供する

  中国戦場は戦略の上で同盟軍に支援して協力して戦うだけではなくて、その上戦役の上で直接同盟軍と共同作戦をとる。1942年春、日本軍は全面的にミャンマーを侵犯して、中国政府は米英の同盟軍の招くことに応じて、3つの軍を派遣して共に10万人が遠征軍を構成して、ミャンマーに入って英軍に防御して戦うように支援する。中国の遠征軍はミャンマーの正面のマンデラと東部地域の防御を負うだけではなくて戦う中で、勇敢に奮戦して、何度もくじく敵の鋒、強力に遅滞した日本軍の進撃、その上ミャンマー西部の英軍守る仁安の羌の地区で、日本軍の包囲するイギリスの駐ミャンマー軍隊の総司令官のアレクサンダー上将を含める英軍の将兵の7000数人に救い出した。

  中国戦場はアジア・太平洋地域の同盟軍の空軍のために日に対して戦って兵站基地の支援を提供した。1942年4月、米軍の16機の大型の爆撃機は太平洋米国の航空母艦の上から飛び立って、初めて日本東京などの重要な都市に対して戦略の爆撃を行って、帰航した後に中国浙江省衢州空軍の空港で下がって、中国はそのため日本軍の大規模な報復に遭う。日本軍は浙江・江西を始めて戦って、衢州、麗水、玉山などの空港を破壊して、そして私の将兵と民衆の25万人を殺害する。

  反ファシストをするため戦争の勝利、それ以後、特に1943年と1944年中国戦場が反撃する時、中国はまた相前後して米国の第14航空のチームなどの同盟軍の空軍で、成都、梁山、昆明、柳州、桂林、衡陽、宝慶、zhi江、麗水と老河口などの空港を提供して、それによって台湾、ベトナムと日本の本土の戦略上の重要拠点に遠くにいることと日本の海上の輸送線を爆撃して、直接米軍の太平洋での日に対してに戦うように支援した。中国の軍民は積極的に日本軍の撃墜する米空軍のパイロットに救援して、1945年まで春、共に米軍のパイロットを救援して70数名に達して、その中は含んでそれから米大統領のジミー・カードの特等になる。

  中国戦場はまだソ米などの同盟国のために軍事の戦略の情報の支援を提供した。抗日戦争の時に、ソ連はずっと軍事の情報グループに延安に駐在するように派遣して、情報を収集する。中国共産党中央がナチスのドイツが1941年6月21日にソ連に進撃することに耳に入る時、直ちにこの情報を延安ソ連の軍事の情報グループで伝言する。蘇徳の戦争が爆発するのは間もなくて、蘇方と曾以伏と羅希Loughの名義は朱徳の総司令官に電報を送って感謝の意を表わす。中国共産党はまだ米軍は八路軍で晋綏、太行のなど根拠地と新四軍の第5師が区に駐在してラジオ放送局を設けることを許して、そして米軍に日本軍に情報と気象の資料を提供する。華南で、米軍の第14航空のチームと華南遊撃隊の東江の縦隊は協力して、情報、通信、気象のなど方面の連絡を作り上げた。

  中国の戦場也は蘇美英などの同盟国のために戦略物資の支援を提供した。概算統計によると、中国はソ連に4.5億ドルの鉱山(物)の製品と農業と畜産業の製品に値することを提供した;米国に7.48億ドルの桐油とすず、タングステンのなど鉱山(物)の製品に値することを提供した;イギリスに1.148億英ポンドの農業、鉱山(物)の製品に値することを提供して、強力に同盟国のに反ファシストをするように戦争支援した。

  中国の日本軍に抵抗する戦場はアジアの主要戦場だ 日本のファッショを打ち負かすことに対して決定的の作用を発揮した

  世界と反ファシストをしてそれぞれ主に日に対して参加して戦国比較して、中国の抗日戦争の持続時間が最も長い、日本軍に抵抗して反撃を加える数量が最大だ、日本軍人数を殲滅するのが最も多い、払う代価が最もきわめて大きい、そこで日本のファッショの貢献の最も際立っている国家を打ち負かすことに対してだ。

  から日戦う時間は見て、中国の抗日戦争は1931年の「九一八」事変から、1945年9月2日に日本が署名に投降するまで、14年続ける;もし “77”の盧溝橋事変の全国的な抗日戦争から計算するならば、同じく8年ある。中国が世界で日本軍に抵抗して始まるのが一番早い、日本軍に抵抗する持続時間が最も長い、唯一日本軍に抵抗する全過程の国家に参加する。

  その他は主に日に対して戦国に参加して、米国のようだ、1941年12月7日の太平洋の戦争から爆発して、1945年まで9月2日に日本は署名に投降して、全部で4年にならない;またソ連のようだ、日に対して3回戦って、つまり:1938年7月~8月の張鼓峰の戦役、1939年5月~8月の承諾する敷居の戦役、1945年の8月9日~9月2日の極東の戦役、全部で7ヶ月にならない。

  1937年の“77”の事変から1941年まで太平洋の戦争の前が爆発して、中国は唯一日本の侵略の国家に抵抗して反撃を加えるのだ。太平洋の戦争が爆発した後に、中国戦場が日本軍の総括的な兵力の割合に抵抗して反撃を加えて少し下落があって、主に日本国内の兵力が総括的な兵力の割合を占めて絶えず上昇するためだ:1943年末10%で、1944年18%まで増加して、1945年8月に35%まで激増する。

  日本軍の数量を殲滅してから見て、8年の全国的な抗日戦争の中で、中国の軍隊は3000昼夜の血みどろになって奮戦することを経験して、重要な戦役の戦闘の200数回を行って、大きさの戦闘の20万回近く、日本軍の150数万人を殲滅して、その上投降を受け入れる日本軍の128万人、合計で日本軍の 278万人を消滅させる;傀儡軍の118万人を殲滅して、その上投降を受け入れる傀儡軍の146万人、合計の264万人。

  中国戦場が日本軍人数を殲滅するのが最も多いと説明するため、人々はまだ日本の大いに水にぬれると縮んだので数字に比べて解釈にになることができる。日本側の統計によると、第2次世界大戦の中で、日本軍は共に死傷する195万人だ、その中中国戦場で死傷する133万人、日本軍の死傷する総計の70%を占める。日本側の統計によって、対外侵略戦争の中で、日本軍は共に71.6万人を撃ち殺されて、その中が中国戦場でのが死んで44.6万人がいて、死亡の総計の62.3%を占める;太平洋と東南アジア戦場の19万人で死んで、死亡の総計の26.5%を占める;ソ連極東戦場の8万人で死んで、死亡の総計の 11.2%を占める。

  日に対してから戦って代価を払って見て、中国が最大だ。抗日戦争の中で、中国人民は巨大な民族の犠牲を払った。概算統計によると、全国の軍民の死傷する3500万人以上、各国の死傷の総計の1/3を占めるのは第二次世界戦争の中で更に多い。その中の軍隊の死傷する380万人、死亡する132.5万人;平民の死傷する3120万人、死亡する2000万人;路頭に迷う1億数人があって、政府の財産の損失と戦争の消耗は1000数億ドルに達して、間接的な経済は5000数億ドル損害を受ける。軍隊が日に対して戦う死傷に参加することを例にするだけ、中国の軍隊の死傷する380万人、米軍の死傷する32万人、蘇軍の死傷する5万数人。

  このようなだけではなくて、更に見るべきで、日本は戦役の戦闘の上で多くの勝利を得たけれども、しかし戦略の上で失敗に遭った。中国人民の長い間続く抗日戦争、日本軍を粉砕して速攻で勝敗を決する、治安が強化する、政治が投降を勧告する、華制華で、戦争の基地などを作り上げる一連の戦略の企み。戦略の失敗は最大の失敗で、それは戦争の発展の全体の局面に関係して、日本を促してできるだけ早くどうしても中国侵略戦争を終えることを考慮しなければならない。戦後米国の戦略は爆撃して調査・処分の報告を加減して、太平洋の戦争特に中国戦場の地位と作用を研究した後で思っている:“たとえ原子爆弾を投げないとしても、たとえロシアは参戦しないとしても、たとえ進撃する計画を制定しないとしても、日本も投降することができ(ありえ)たのだ。”

  以上から分析して容易に見て取れて、中国はアジアの主要戦場で、中国の長い間続く抗日戦争は日本のファッショの決定的な要素に打ち勝つのだ。もちろん、米国は太平洋の戦争の中で日本軍の海、空っぽな部隊の主力を消滅させてと日に対して戦略の爆撃を実施して、ソ連の百万大軍は東北に出兵して、きっと速めた日本軍の滅亡と抗日戦争の最後は勝利する。



出所:《中国青年報》

Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/108-3749e9af
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク