香港の医師wchao37さんとの対話が始まりました。日本語を多少理解できるのか、時間のあるときに、皆さんのコメントにも目を通すと言っています。彼のエッセイをここで取り上げたことは伝えてなかったのですが、検索したのかshanhuangさんがここを見つけ出し、掲示板にこのサイトのことを書き込んだのでwchao37さんもこのブログを知っています。


◆ ◆ ◆


wchao37
soudenjapan, それでは始めよう


中国は1931年から1941年まで10年間日本と戦っていた。1937年7月7日の蘆溝橋事件(中国の対日大愛国戦争の引き金となった)が起こった頃には日本は先進国だった。中国はと言えば、1911年の清王朝の崩壊後、長年の内戦で泥沼状態の農村社会だった。

アメリカが中国の戦争に参加したとき、アメリカは自分自身の利益を考えていた。アメリカが日本に対処し始めたのは、自分自身が1941年12月7日に真珠湾を攻撃された後のことである。

したがって以上の流れにおいて、なぜ(アメリカに)感謝する必要があるのだろうか?

アメリカこそ、日本がアメリカをもっと早く攻撃できなかったことに対し、中国に感謝すべきなのではないか?

あの戦争は共同作業だった。

もし中国人が、日本が望んでいたように1937年に降伏していたならば、アメリカは中国国内の飛行場を使えず、この戦闘地域の日本の航空隊を抑えておくことができなかった。またアメリカは、日本とアジア大陸両方を合わせた資源量を持って攻撃されていたのである。

フランス、ビシー政権がドイツに降伏したようにしたように、中国が日本に降伏していればしていれば、広大な中国奥地への一発や二発の原爆など大した違いを生まなかったろう。

あなたはもう一度歴史をおさらいすべきです。

もしアメリカが1937年当時に中国の利益を考慮していたのなら、1941年まで何年も待たず、なぜその頃中国を手助けし始めなかったのか?

なぜアメリカは1941年まで何年もの間、爆弾を作るために必要な鉄鉱石、その他の天然資源を日本に売りつづけたのか?

また、なぜアメリカは小泉政権と結託して、台湾海峡で中国を封じ込めようとしているのか?

すべてパワー・ポリティックスの結果であり、各国は自分の国益に従っているに過ぎない。


wchao37
soudenjapan, okay, let's talk


China was fighting Japan all alone in the ten years from 1931 to 1941. Japan was a developed modern nation by the time the Marco Polo Bridge Incident occurred on july 7, 1937, precipitating China's Great Patriotic War against Japan. China was still very much an agrarian society mired down by years of post-revolutilonary warfare after the overthrow of the Qing Dynasty in 1911.

America had her own interest in mind when she joined China in the war effort. She did not begin dealing with the Japanese until she herself was attacked on December 7, 1941 at Pearl Harbor.

So what do you mean by your word "grateful" as used in this context?

Shouldn't the whole world be grateful that China held off Japan for ten years between 1931 and 1941?

Shouldn't Americans be grateful that Japan could not attack them earlier?

The war effort was a joint effort.

If the Chinese people had surrendered in 1937 as the Japanese were prone to wish for, the Americans would not have been able to use the airfields inside China to hold down squadrons of Japanese aircraft in the China theater, and she would have been attacked with the combined land and energy resources of the island of Japan and Continental Asia.

One or two atomic bombs would not have made that much difference in the large hinterland that was China if she had surrendered to the Japanese like Vichy France had surrendered to the Germans under the Betaine government.

You should truly re-read your history.

If America had China's interest in mind in 1937 why did she not start helping her then instead of waiting for years until 1941?

Why did America continue to sell iron ore and other natural resources to Japan to enable her to make bombs in the years right up to 1941?

And why is America ganging up with the Koizumi government now to contain China in the Taiwan Strait?

It is all power politics with each country serving its own national interests.

Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/113-81ab7feb
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク