皆さんのコメントを英語で読みたいとの要請をたびたび受けていますし、わざわざ専用のスレッドまで用意してありますので、要点だけでも翻訳してあちらに伝えようと思います。あまり細かい内容は翻訳しきれないので、コメントしてくれる方はできるだけポイントのみで、単純化された内容にしておいて下さい。よろしくお願いします。

中国人医師Wei Chao氏の意見
意見3
意見2
意見4
意見5

以下は、Dr.ウェイ・チャオおすすめの記事です。原文は中国語なのでまた機械翻訳ですが、満州事変の前後の経緯をご存知の方なら何となく内容はわかると思います。要するに、日本軍に中国北東部への介入を暗に認めた蒋介石は裏切り者で、中国共産党こそが中国を救ったと言う提灯持ち的な記事のようです。

原文(中国語)はここです。※サーバーが重いので開くまで時間がかかるかも知れません。

918:国恥を忘れるなかれ抗争する
馮春梅 国俊を包む


2005年の09月18日の04:20

  “918”を言い出して、中国人民はあの歌曲《松花江の上で》を思い出すことができ(ありえ)る。“918”に着くと、中国人は比類がない憤慨して心に銘記する恥辱を生むことができ(ありえ)る。

  抗日戦争の成功裡に60周年の日を記念する中に、記者が軍事科学院の研究員を訪問して、戦史の専門家の劉庭華を抵抗する。

  "918"は個が大いにたくらむのだ

  記者:どうして「九一八」事変が爆発することができ(ありえ)る?

  劉庭華:「九一八」事変の前夜の古い中国、人民の苦難、軍閥の割拠、列強の“等しく利益を受ける”の在中の利益。日本は「九一八」事変を始めて、公然と我が国の東北を侵略して、それが“大陸政策”を推進するので、中国を独占することを企んで、英米などの国とアジアの支配者権力を奪い合って、1歩進んで世界制覇する1つの深刻な措置。多くの歴史の事実は証明して、“918”は絶対に1つの重大な陰謀で、それの引き離した第2次世界大戦の序幕。

  1927年夏に、日本の内閣は東京で“東方会議”を開いて、《対中政策の綱領》を制定して、露骨に中国の東北の“(日本)国防と国民の生存の上で重大なすごい関係を持っている”を公言する。この7月、内閣の首相の田中義一は天皇に演奏して《帝国がまったくだます積極的で根本的な政策に対して》(すぐ悪名高い“田中の上奏文”)を呈して、公然と公言する:“中国を征服して必ず先征が喪が明けてだましたいと思う;世界を征服して必ず先に中国を征服したいと思う。”それによって“まったくだます”を基地を侵略する高慢な戦略にすることを確立した。史料の証明があって、「九一八」事変の前で、日本の軍部はこっそりと関連侵略の我が国の東北の方針、措置と措置を制定した。

  記者:その時の世界の各国は日本のこの陰謀に対して気づくことがあるか?

  劉庭華:ない。それぞれ各列強達を顧みてただ彼らの極東での既得の利益だけに関心を持つ。日本の侵略の野心と戦争に対して行動して地方の安寧を保つ態度をとった。「九一八」事変の時に、ちょうど国際連盟は第12期の大会を開く。蒋介石の政府の代表の泣きながら訴えることを聞いて、国際連盟の最後に作り出す決議、意外にも侵略者と侵略の被害者を区別しないで、双方に撤兵するように求めて、事態の拡大を免れて、しかも日本軍に自由を“強盗権力を討伐する” を与える。

  これで自然と日本軍の中国侵略戦争を放任して、中国人民を外国の侵略と圧迫の、を防ぎ止めて侵略の闘争が始まるのとがきわめて困難であることに抵抗させる。

  "918"は中国の情勢を重大な転換が発生させる

  記者:“918”は全部で結局何が発生した?

  劉庭華:「九一八」事変が発生する前に、中国の内戦は止まらない。日本などの国はその在中の利益を保護することを名にして、次第に駐中国の軍隊を増加した。1930年の中原の大きい戦後、蒋介石は反共産主義の立場を引き続き堅持して、数十万軍隊に移動して中国共産党の指導(者)の労農の紅軍に対して大規模な“包囲討伐”を始める。内戦と内部闘争の国民党の統治グループがまったく外患を考えていられないことに熱中する。

  1931年9月18日晩、我が国の東北の日本関東軍に駐留して心をこめて“柳条湖事件”を画策した。彼らは初めは鉄道の“守備隊”から瀋陽柳条湖近くの南のいっぱいな鉄道のレールを爆破して、それから中国の軍隊で災い(罪)をなすりつけて、そしてだから口実で、突然防衛のために駐屯することに瀋陽北京大学の大隊の中国の軍隊で進撃を始める。東北の軍は蒋介石の“抵抗しない”の政策を実行して、行っていないで組織の抵抗があって、日本軍にその夜すぐ北京大学の大隊を攻撃占領させた。19日、日本軍はまた全体の沈陽城を占領した。4ヶ月の後で、東北の軍に従って崩れてから戦わないで、日本軍は順調に東北の 3省を占領した。

  記者:「九一八」事変はその時の中国に対してどれだけ大きいかの影響を生んだ?

  劉庭華:「九一八」事変の爆発、言うことができて中国の情勢を重大な転換が発生させたこと。それは中国に列強植民地から日本植民地に転換させるだけではなくて、中国と列強の対立は転換してとても際立ってとても鋭い中日の民族の矛盾になる;同じく中国国内の階級矛盾と政治グループの間の対立を副次的だと従う地位まで(へ)下がらせるだけではない;その上最も重要で最も深い影響、中国人民の勇敢に日本の侵略者の偉大な闘争に抵抗して反撃を加える序幕を開いたのだ。

  "918"は中国人民の奮い立って反抗することを巻き起こした

  記者:「九一八」事変が爆発した後に、最初の抗戦行動は主にどれらがある?

  劉庭華:「九一八」事変はまず部分の国を愛する軍人の抵抗して反撃を加えることを巻き起こした。

  最初、蒋介石の政府はとって政策に抵抗しないけれども、しかし日、蒋の東北の軍の馬占山の部が黒龍江の江橋で日本軍に抵抗して反撃を加えたことを不満に思う;黄顕の音などの指揮の軍隊と警察も日本軍を阻止して錦州を侵略する;李杜、ひのとの飛び抜けて優れている部はハルビンの周りの地区で日本軍を襲撃する。

  劣った年の1月28日、日本軍は上海を侵犯して、蒋光nai、蔡の廷の良質の鉄と張治の中等率の第19路線の軍と第5軍は奮起して抵抗する。

  1933年日本軍が熱の川に進撃して、ハルをこまかに調べる時、馮玉祥、方振武、吉鴻昌、tong麟の閣などはまた部下を率いて日本軍に抵抗する同盟軍を構成して、深刻な打撃で日本軍にあげる。

  東北の人民と東北の部分の国を愛する将兵は中国共産党の指導、支持と影響のもとで、于民族の義憤をたきつけて、迅速に日本軍に抵抗する義勇軍と日本軍に抵抗する連合軍を構成して、積極的に日本軍に抵抗する遊撃戦を展開する。これらは日本軍に抵抗して武装して遼寧、吉林、黒竜江省の70余り県に至る所にあって、1933往年まで(へ)発展して30数万人になる。とても速くて、日本軍に抵抗するのろしは東北から全国に向って広がって、侵略者に出鼻をくじくことをあげた。

  記者:全体の局面の上から見て、これらの抗戦行動の意義はどれだけ大きいかがある?

  劉庭華:その時毎回戦う規模に抵抗して反撃を加えたのであろうとどれだけ大きいかがあって、全国の軍民にとってすべて1種の鼓舞だ。それらの歴史的意味はあって、「九一八」事変を起点にして、東北で興る中国人民の局部の抗日戦争、世界を開いて反ファシストをする戦争の序幕。

  恥をそそいで祖国の危急を救うため、中国共産党は大黒柱に責任を持つ

  記者:「九一八」事変の後で、中国共産党は主にどれらの仕事をした?

  劉庭華:中国共産党は「九一八」事変の反応に対してきわめて迅速で、日本の侵略に抵抗して反撃を加えるため、全方位の努力を作り出した。

  事は3日目を出して、中国共産党中央は真っ先に日本軍に抵抗して祖国の危急を救う呼びかけを出した。中国共産党中央はそれぞれ9月20日、22日、 25日、30日と10月12日で連続して宣言、決議、を発表して全国の同胞の本などを訴えて、深く日本の帝国主義の「九一八」事変を始める罪悪の目的と反動的な本質を暴き出して、蒋介石の国民党の政府の国を売ること、国の恥辱の“抵抗しない”の政策を厳しく非難して、“民衆の民族の革命戦争に武装するで日本の帝国主義の侵略に抵抗する”のが日本軍に抵抗して祖国の危急を救って主張を出した。

  中国共産党の指導の下で、中国共産党の満州省委員会は全力で対処して、直ちに発動に入ってと東北の民衆に武装して日本の帝国主義の侵略の偉大な闘争に抵抗するように指導する。東北の広大な民衆の民族の自覚は極めて大きく呼び覚ますに、日本軍に抵抗する義勇軍などの力は中国共産党の指導あるいは支援のもとで盛んに発展して、中国侵略日本軍の打撃に対してますます力強くなる。1935年8月1日、中国共産党中央の発表《日本軍に抵抗して国難を救うために全体の同胞の本を訴える》、厳粛に国民党の当局に内戦を停止するように求めて、すべての国力を集中して日本軍に抵抗して国難を救う。その年12月 25日、党中央は瓦のかまどのトーチカの会議の上で《現在の情勢と党の任務の決議に関して》を通して、日本軍に抵抗する民族の統一戦線を作り上げる策略の総方針を確定した。1936年9月、中国共産党は自分の政策を調整して、過去の“日本軍に抵抗して蒋に反対する”のスローガンを変えて、“蒋抗日を強いる”の政策を確定する。“西安事変”の後で、我が党はまた“蒋抗日を連ねる”の方針を確定する。最終で、蒋介石の政府にどうしてもためらって、動揺して、妥協、譲歩したことを変えてうろうろしなければならないように態度強制して、1歩1歩転向して日本軍に抵抗する。

  まさに中国共産党が危難の瀬戸際で勇敢に立ち向かうため、しっかりと、率先する抗日戦争に声を大にして勇敢に、やっと国民全体の抗日戦争の局面に形成させて、最後に抗日戦争を勝ち取るために成功裡に基礎を打ち立てた。


Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/114-00df136e
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク