前回の続きです。

もし日中戦争が再度勃発したら(1)
もし日中戦争が再度勃発したら(2)
もし日中戦争が再度勃発したら(3)

(中国、韓国、欧米ばかりでなくロシア、ブラジル、インドについてもフォーラムがないか探しているのですが、中々いい所が見つかりません。見つかれば色々と紹介できるかもしれません。)

◆ ◆ ◆



soudenjapan
質問への答え



>質問1
>日本海軍が中国と戦闘になる場合、その目的は何か?


もちろん、国と国民の防衛のためだけでしょう。帝国石油が東シナ海の日本領海内で探索試掘中に、人民解放軍海軍から攻撃を受けるようなことがなければ戦闘などないでしょう。

>質問2
>日本は、中国の潜水艦が時おり浮上するのを見つける
>ためにスパイ衛星を持っているのか?それともアメリ
>カ頼みなのか?


うわさによると、アメリカの衛星が中国の軍港にある潜水艦を見張っており、またアメリカの潜水艦が軍港付近で中国の潜水艦をモニターしており、後をつけるそうです。

台湾も監視しています。海上自衛隊は海の中の音を探知し、その音から潜水艦の位置、種別を分析しているそうです。この三者が中国海軍の動向について機密情報を共有していると言われています。


>質問3
>中国と戦争になった場合、日本の経済活動を維持する
>ため、自衛隊には資源を確保し続ける方策があるのか?
>一年は持つだろうが、その後は・・・


なぜ一年でしょう?中国が日本を封鎖できると考えているのですか?どのようにして?海上自衛隊とアメリカは、対潜水艦戦においては世界最先端の技術を持ち最も得意としています。交戦した場合、中国海軍こそが破壊されてしまう可能性が高いのです。


>中国は日本経済にダメージを与えようとするのではな
>いか?暴動、ストライキが起きるまで、日本はどの程
>度の失業率に耐えられるのか?


戦争のような緊急事態においては問題にならないでしょう。

>質問4
>なぜ日本は核武装している中国を攻撃しようとしているの
>か?もし中国が核兵器を使ったらどうなるのか?


これも問題ないでしょう。どうぞご利用ください。
(soudenjapan:この部分については少し説明が必要かも知れません。実際に核兵器を使ってもらっては困るのですが、討論上でこのような脅しを受けても、討論相手が実際に、核ミサイルのボタンを押せるわけではないのでこういう書き方をしています。「使えるものなら使ってみなさい。早くおやりなさい。なぜ使わないのですか?」とこんな具合です。政府がそんなことを言うべきではありませんが、僕が言う分は構わないでしょう。)

>質問5
>日本の帝国主義的行いを恐れるアセアンやオーストラリアが、
>日本への石油、ガス、鉱石類の輸送を封鎖するのではないか?


日本は単に自衛しているだけですから、そんなことにはならないでしょう。

>日本は戦略的にすでに負けているのだから、陸軍や海軍が
>どれほど先進的であるかは問題にならない。第二次大戦中、
>ドイツ軍は技術的にはもっとも先進的だったが、ドイツは
>戦略物資を持っていなかった。


何を言おうとしているのか、この部分は意味が分かりません。


soudenjapan
Answers to the questions


>Question 1...what would be the objectives of
> the Japanese navy in the event of a "forced
>conflict" with China.


Of course, only to defend Japan and her nationals. There won't be any combat unless Imperial Oil Ltd. is attacked by the PLA's Navy while the company is exploring in the Japanese side of East China Sea.


>Question 2...does Japan have a complete flotilla
> of "spy satellites" that can spot surfacing
>Chinese naval submarines? or does it depend on
> American spy satellites.


It is rumored that the U.S. satellites keep an eye on Chinese subs in naval ports in China. Also American subs staying close to naval ports, monitoring Chinese subs, are said to follow them.

Taiwanese are monitoring too. The Japanese Navy is believed to be listening to sounds in the sea, and from the sound they analyzes the location and type of submarines. They say that the three parties share intelligence with regards to the activities of the Chinese Navy.


>Question 3..Has Japanese SDF consider how to
>secure resources to maintain its economy once
> it embark on a "conflict with China"? I know,
>Japan can maintain for 1 year.....after it starts
> a conflict....


Why one year? Do you think that China could somehow blockade Japan or something? How? Japan and the U.S. are the two countries, with the best skill in the world, that are extremely good at anti-submarine warfare. It is the Chinese Navy that is likely to be destroyed in case of warfare.


>but wouldn't China inflict economic attack
>on Japan? How much unemployment can Japan take..
>before riots, strikes will hit the Japanese
> population?


It doesn't matter in such a contingency like warfare.


>Question 4...Why would Japan seek to attack a
>nuclear armed China? What if China uses the
>nuke??????


I don't see a problem there. Go ahead and use it.

>Question 5...would ASEAN, Australia blockade Japan
> oil, gas, ore, commodities shipment for fear of
> further imperialist adventures....


No, they wouldn't. Because Japan would simply be defending herself and her nationals.


>It doesn't matter how advance the Japanese army
> or navy is...when it has already lost strategically
>....in 2nd world war..the German Armed Forces was
> technically more advanced but it did not have
>the Strategic materials.


I don't understand what you are trying to say here.


Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/122-a2d9d41b
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク