欧米系のフォーラムで以下の記事を元にスレッドを立てた人がいるので、こちらにもコメントしようと思います。それに先立って、記事の本文を紹介しておきます。

◆ ◆ ◆


中国が台頭するにつれ、日本の国粋主義も強まる
(日本は過去から抜け出せず、過去を受け入れることができない。それが日本自身とアジア全体の将来を危うくしている。)

マーティン・ジェイクス
立命館大学客員教授

2005年11月17日
ガーディアン誌

去年は中国台頭の見せ場だったと言って良いかもしれない。もちろんこのごろ始まったことではなかったのだが、今や知識人の間だけではなく、このことは世界中でよく知られるようになってきた。ヨーロッパだけでなくどこででも常識となりつつある。

むしろヨーロッパでの方でこそ認識がおそかった。胡錦涛主席のヨーロッパ訪問で騒がしいのはその現れである。何よりも中国国内において、過去二年間、自身の台頭とその意味合いがよく自覚されるようになってきた。

この新たな認識に伴い、世界各地で新たな対応、政策がとられはじめている。日本においても、いつものように控えめな論調ではあるが、それが起こりつつある。

その展開は「悪い予兆」としか表現のしようがない。ヨーロッパはなぜかしら未来においても自分が中心的存在であろうと考えがちだが、東アジアこそが未来の中心である。この脈略において、今、日本で起こりつつあるトレンドの重要性が理解されるべきである。

日本の総理大臣、小泉純一郎が9月の総選挙で圧倒的な勝利をおさめた時、彼の民営化論や規制緩和策の勝利であると一般には理解された。しかしそれには二次的な重要性しかない。

日本の未来にとってもっと大切なのは、小泉に芽生え、潜在している国粋主義である。このことは中国と韓国からの抗議、また今年の初めの反日デモにもかかわらず、彼が10月17日に靖国神社(A級戦犯が祀られている)へ参拝したことでより明らかになった。

日本社会においては何事も露骨さは避けられるが、今回発表された新内閣の顔ぶれをみると、彼の意図と日本が今後たどるであろうトレンドが明確にされている。

内閣官房長官と外務大臣という二つの重要ポストに安部晋三(小泉の任期の切れる来年9月にあとを継ぐ可能性が最も高い)と麻生太郎が指名された。両者とも右派国粋主義者で、小泉と同じように、定期的に靖国神社を訪れている。このように内閣のカギとなる重要ポストがこのような人物により占められるのは今回がはじめてである。靖国参拝に反対した前官房長官はその職を失った。

人によっては神社参拝ぐらいのことで考えすぎと思うかもしれない。しかし考えすぎどころか、これは象徴的行為であり、日本の過去と未来がどう理解されるべきか日本人への意図的なシグナルなのである。また靖国へ行くことは純真無垢な参拝ではなく、中国と韓国へのあからさまなメッセージでもある。

小泉は周辺国を怒らせるつもりはないと言うかもしれないが、彼はそうなることをよく分かっている。そして、まさにそれこそが彼の目的なのである。周辺国が反対すればするほど彼はおそらく靖国に参拝するだろう。彼は日本人、そして中国人と韓国人に対し、明確にしようとしているのである。日本の未来が姿を現しつつある。

日本の国粋主義が拡大している原因は色々あるかもしれない。しかし最も重要な要因は、中国台頭への恐れである。それ以外では小泉や他の自民党有力者の行動を説明できない。It could be different. (soudenjapan:ここは意味が分からないのでこのままにしておきます。)

日本経済が長期にわたる不景気から抜け出すことができたのは中国経済によるところが大きいことはよく知られている。また中国は日本にとって巨大な経済的チャンスであるばかりか、すでに最大の貿易相手国でもある。しかしながら、経済よりももっと大きな力学が働いているのである。1866年の明治維新以来、日本はアジア全般、特に中国に対して背を向けてきた。そしてそのことは1895年から始まる侵略、植民地化へと行き着いた。

今後、中国と関わっていくためには日本は過去と向き合わざるを得ないのだが、小泉の靖国参拝はそれを拒絶する態度の表れである。日本は過去から抜け出せず、過去を受け入れることができない。それが日本自身とアジア全体の将来を危うくしている。

戦後、日本は、中国が弱く自分のことだけで精一杯であった時期、そして日本が経済的にアジアで一人勝ちしていた時期においてでさえ、その経済力に匹敵する影響力を持ち得なかった。その理由は単純である。日本が過去を償い、不当な扱いをされ疑念を抱いてる近隣諸国と新たな関係を結べなかったことにある。現在までに日本がそうできなかったということは、中国が日本に変わり東アジアにおける政治的、経済的支柱として急速に台頭している今となっては、なおさらそうできそうにない。

閣内、もっと広くは自民党内において見られる、すでに述べた変化の大きな意味合いを軽く見てはいけない。日本はいまだにとても階級的な社会であり、10年前のほんの数ヶ月間を除き、自民党はほぼ常に政権を握り続けてきた。

(つづく)


As China rises, so does Japanese nationalism

(apan is stuck in its past, and its refusal to come to terms with it threatens to define its future and that of the whole of east Asia)

Martin Jacques
visiting professor,
Ritsumeikan University

Thursday November 17, 2005
The Guardian


The past year might be described as the moment time of China's rise. Of course its rise long predates these years, but this fact has suddenly been recognised worldwide, well beyond the global elite. It is now part of the popular common sense, not simply in Europe but everywhere; indeed, Europe has been relatively tardy in this process. The buzz surrounding Hu Jintao's visit is part of this picture. The phenomenon is even evident in China itself, where the past two years have seen a much wider awareness of both the fact and implications of the country's rise. In the face of this changed consciousness, it is inevitable that new stances will be adopted and new policy positions struck around the world. This is already happening in Japan, notwithstanding its typically understated tone. Developments there can only be described as ominous. While Europe still thinks of itself as somehow central to the future, east Asia is where the future will be played out. It is in that context that we should see the import of current trends in Japan.

When Junichiro Koizumi, the Japanese prime minister, secured his dramatic and overwhelming victory in September's general election, its significance was generally interpreted as a victory for his programme of privatisation and deregulation. This, however, is secondary. Far more important to Japan's future is Koizumi's implicit and incipient nationalism. This was demonstrated again on October 17 with his latest visit to the Yasukuni shrine, where class A war criminals are honoured, despite the opposition of China and South Korea and the wave of anti-Japanese demonstrations in China earlier this year.

Little is made too explicit in Japanese society, but the new cabinet, which Koizumi announced last week, spoke volumes about both his intentions and likely future trends in Japan. The two top positions, chief cabinet secretary and foreign minister, were given to Shinzo Abe, the man most likely to succeed Koizumi when his term finishes next September, and Taro Aso respectively. Both are rightwing nationalists and both, like Koizumi, are regular visitors to Yasukuni. This is the first time that the three key positions in the cabinet have been occupied by such figures. The previous cabinet secretary, who had opposed Koizumi's visits to Yasukuni, was dropped from the cabinet and the former foreign minister, who did not visit Yasukuni, lost his position.

One might think that this is to read too much into such visits to the shrine. On the contrary, they are symbolic acts, an expression of how Japan's past and future should be seen, and as such a deliberate, if coded, signal to the Japanese. Nor are these visits naive or innocent in the message they send to China and South Korea. Koizumi may express the view that they do not give offence to these countries but he knows that they do. And this, indeed, is their very intention. The more these countries protest, the more likely it is that Koizumi will continue to visit the shrine. He is laying down a marker - for the Japanese and to the Chinese and Koreans. Japan's future is already beginning to take shape.

The causes of growing Japanese nationalism may be diverse, but they are increasingly driven by one overwhelming factor: a fear of the rise of China. That is the only way the behaviour of Koizumi and the other leading lights in the Liberal Democratic party can be understood. It could be different. China, widely credited with having pulled Japan out of its long-running recession, represents an enormous economic opportunity for Japan, and is already Japan's largest trading partner. But far more powerful forces than mere economics are at work. Ever since the Meiji restoration in 1868, Japan has turned its back on Asia in general and China in particular: its pattern of aggression from 1895 onwards and the colonies that resulted were among the consequences.

To engage with China requires Japan to come to terms with its past, and Koizumi's visits to the shrine represent a symbolic refusal to do so. Japan is stuck in its past, and its past now threatens to define its future and that of east Asia. Even during the postwar period, when Japan dominated east Asia economically and China was weak and self-absorbed, it never had an influence commensurate with its economic strength. The reason was simple: its failure to atone for its past and embrace a new kind of relationship with its wronged and distrustful neighbours. If Japan could not do it then, it is even less likely to do it in the face of a resurgent China that is rapidly displacing it as the economic and political fulcrum of east Asia.

The broader significance of the shift within the cabinet, and the Liberal Democratic party more widely, should not be underestimated. Japan remains a profoundly hierarchical society. Apart from a brief few months a decade ago, the Liberal Democrats have continuously held power more or less since the war.

(continues)

Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/124-acc3b6f6
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク