先の記事、本文の続きです。

僕は「中国の台頭」というよりも「自由社会、自由経済社会への適応」と認識しているので、中国についてはあまり心配していないと言って来ました。この記事の著者は中国経済は未来永劫薔薇色であると前提していますね。そんなはずはないのですが、そのあたりから話をはじめたいと思います。僕の意見に返信が来ればまたここで紹介します。

前回はここまで。

◆ ◆ ◆



それは日本を支配しているエリート集団は(あまり入れ替わることなく)常に日本の行く道を調整し決定してきたという、長い伝統に依拠している。その状況は、国粋主義に強烈に反対してきた社会党が実質的に崩壊し、共産党が影響力を失った過去10年の間にどう見ても強化されてしまった。

日本における国粋主義の台頭は、日米関係の緊密化というもう一つのトレンドと合わせて見ておくべきだ。今年の初頭、日本は始めて、台湾有事の際にアメリカと協力する意志を明確にした。さらに日本は、明らかに中国の封じ込めを意図したミサイル防衛網、その共同開発にアメリカと同意している。日米と中国との間で、東アジア地域における新たな冷戦の芽生えを容易に見て取ることができる。

しかしそうなる必要はないのである。日本が自ら進んで困難な過去の問題と向き合い、中国、韓国をはじめアジア諸国との新たな時代、関係を先導すれば、経済的にもっとも影響力のあるこの地域、その発展において、日本は間違いなく大きな役割を担うことになるのである。

そうなるかわりに、過去一世紀の間日本がそうして来たように、こんどは中国をはじめ周辺国の方が、日本に威張り散らすようになるのではないか、そんな疑念、恐怖にさいなまれながら、日本は大陸からどんどん孤立化していく可能性が高まりつつある。唯一の心の支えと言えば太平洋の向こうにあるアメリカの方を向くことしかないだろう。

だが、それにより日本はより孤立を深めることになるだけだろう。日本の未来は、極めて不快で気が気でないものとなりつつある。

This lies in a much longer tradition in which the ruling elite has enjoyed an extraordinary continuity as the determinant and arbiter of Japan's course. If anything, that situation has been strengthened over the past decade with the effective collapse of the Socialist party, once the second-largest party, and the marginalisation of the Communist party; both fiercely opposed Japanese nationalism.

The rise of Japanese nationalism should be seen alongside another trend: the increasingly close links between Japan and the US. Earlier this year Japan affirmed, for the first time, its willingness to support the US in the event of a conflict over Taiwan. It has also agreed to work with the US to develop and finance a missile-defence system whose intention is clearly the containment of China. It is not difficult to see the early signs of a new cold war in east Asia, with Japan and the US on one side and China on the other. It does not have to be like this. If Japan grasped the nettle of its past and ushered in a new era in its relationship with China, South Korea and the rest of the region, it would surely play a major role in the evolution of the most economically powerful region in the world. Instead it looks increasingly likely that Japan will remain in splendid isolation from its continent, weighed down by fear, suspicion and anxiety that its neighbours, above all China, will seek to lord it over Japan in the way that Japan did over them for over a century. Its only solace will lie in looking across the Pacific to the US, which is likely only to intensify its isolation. Japan faces an extremely uncomfortable future.


Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/125-ce37330f
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク