「なぜ日本人を嫌悪するのか?」というスレッドの一部です。今回も全文訳ではなくダイジェストです。原文(英文)を見たい方はchinadailyのこのページへどうぞ。



bornin1980s
侵略の歴史を認めよ


日本人に言いたいのは、ドイツがユダヤ人にしたように、正直にすべてを認め、心からの謝罪、賠償を行わない限り絶対に許すことはできないと言うことだ。

soudenjapan
戦争にまったく関係のない若い中国人には、日本に何かを要求する権利はない。それどころか若い人たちは日本やアメリカに感謝すべきだ。先進国が守り続けてきた自由経済、自由貿易体制のおかげで彼らは貧困から抜け出すことができた。それがなければ彼らは今も人民公社で働き、食うや食わずの生活をしていたはずだ。


izzyfish
soudenjapanへの返信


確かに自由貿易のおかげで貧困から抜け出すことができたが、貿易は双方に利益をもたらすもので一方が他方に感謝しなければならないわけではない。感謝するとすれば、それは、開放政策を採用した共産党に対してであろう。

soudenjapan
共産党が開放政策を選択できたのは、その環境を先進国が維持してきたおかげである。日本が中国市場で儲かっている面もあろうが、それは最近の話で昔は貸し付けた金が返ってくるのかどうかも分からなかった。そういうリスクを負ったものに感謝するのは中国以外の国ではあたりまえのことである。

izzyfish
儲けたければリスクをとるのは当然のこと。日米はその慈悲深さゆえに中国人を助けようとして援助、投資したわけではない。


soudenjapan
中国人のために善行を行う気持ちはもちろんあったろう。それを疑う理由はとくにはない。もちろん利益も求めたろう。そういうゲームなのだから。ただ善を行う心と経済拡大を目指すことは必ずしも相反するわけではない。


izzyfish
そういう企業もあったかもしれないが、そうでない企業もあったかもしれない。その区別は判然とせず神様にしかわからない。病院も人助けのために治療するにしても、患者が治療費を払わないといったら帰してくれるだろうか。

まあ、しかしながら本当の目的がなんであるにせよ、中国が日本とその他国々に感謝しなければならない理由は確かにある。

Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/153-a3a00243
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク