あるフォーラムで紹介されていたイギリス紙The Timesの記事です。タイトルどおり、今回のレバノン侵攻で戦っているのはイスラエル軍だけではなく、ネット上でも攻防が繰り広げられているという内容です。

ユダヤ人が意図している効果が本当に上がっているのかどうか、ちょっとわかりませんが、彼らの活動が活発なのは確かでしょう。とはいえ彼らの場合、通常、活発です。

大体の内容がわかる程度には翻訳しています。正確には下の原文を参照してください。




イスラエルを支えるサイバー戦闘員

イスラエルが空と地上からヒズボラを攻撃している間に、インターネット上ではイスラエルの支持者によってキャンペーン活動が繰り広げられていた。

イスラエルに対する偏見やアラブ人を支持するプロパガンダに対抗するのが目的。イスラエル外務省も研修員たちを動員して、ウェブサイトやチャットルームの洗い出しにあたっており、そこにアメリカやヨーロッパのユダヤ・ネットワークに所属する活動家たちが、イスラエル支持のメッセージを書き込んでいるのである。

彼らは「メガホン」というソフトウェアを使い、ネット上のチャットルームなどを監視しており、世論調査やイスラエル叩きが行われればアラートが表示される仕組みになっている。

イスラエル外務省広報担当官の話。

「今やインターネットは世界的な世論形成には欠かせない道具である。我々が問題にしているのは、外国メディアがレバノン側の被害ばかりを報道して、ロケット弾攻撃に苦しんでいるイスラエル側の状況を報道しない点だ。だから報道機関を飛び越えて、直接、被害状況の写真をネット上に流している。」




The Times
Israel backed by army of cyber-soldiers



From Yonit Farago in Jerusalem

WHILE Israel fights Hezbollah with tanks and aircraft, its supporters are campaigning on the internet.

Israel’s Government has thrown its weight behind efforts by supporters to counter what it believes to be negative bias and a tide of pro-Arab propaganda. The Foreign Ministry has ordered trainee diplomats to track websites and chatrooms so that networks of US and European groups with hundreds of thousands of Jewish activists can place supportive messages.


In the past week nearly 5,000 members of the World Union of Jewish Students (WUJS) have downloaded special “megaphone” software that alerts them to anti-Israeli chatrooms or internet polls to enable them to post contrary viewpoints. A student team in Jerusalem combs the web in a host of different languages to flag the sites so that those who have signed up can influence an opinion survey or the course of a debate.

Jonny Cline, of the international student group, said that Jewish students and youth groups with their understanding of the web environment were ideally placed to present another side to the debate.

“We’re saying to these people that if Israel is being bashed, don’t ignore it, change it,” Mr Cline said. “A poll like CNN’s takes just a few seconds to vote in, but if thousands take part the outcome will be changed. What’s vital is that the international face of the conflict is balanced.”

Doron Barkat, 29, in Jerusalem, spends long nights trawling the web to try to swing the debate Israel’s way. “When I see internet polls for or against Israel I send out a mailing list to vote for Israel,” he said. “It can be that after 15 minutes there will be 400 votes for Israel.

“It’s very satisfying. There are also forums where Lebanese and Israelis talk.”

Israel’s Foreign Ministry must avoid direct involvement with the campaign but is in contact with international Jewish and evangelical Christian groups, distributing internet information packs.

Amir Gissin, the Israeli Foreign Ministry’s public relations director, said: “The internet’s become a leading tool for news, shaping the world view of millions. Our problem is the foreign media shows Lebanese suffering, but not Israeli. We’re bypassing that filter by distributing pictures showing how northern Israelis suffer from Katyusha rocket attacks.”

Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/179-9174fe82
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク