中国の防衛大学の学部長が変なことを言っているらしい。

報道によると

「『もしアメリカが(台湾有事の際に)中国領土を攻撃すれば、我々は核兵器をもって対応する他ない。』Zhu将軍は外国報道陣との会合でこのように述べた。将軍によると中国領土とは戦艦や航空機も含まれる。」

“If the Americans draw their missiles and position-guided ammunition on to the target zone on China's territory, I think we will have to respond with nuclear weapons,” said General Zhu Chenghu.

Gen Zhu was speaking at a function for foreign journalists organised, in part, by the Chinese government. He added that China's definition of its territory included warships and aircraft.

◆ ◆ ◆


僕はコメントした。
soudenjapan

「『Zhu将軍は、会見をはじめる前に、くりかえし個人的見解を述べるだけと念を押した。』と中国政府のスポークスマンは言った。」(人民日報)

スポークスマンはそう言わなきゃね。しかし実際にアメリカに攻撃されたら中国はどう応戦できるだろうか。どのみちこの学部長が言う「個人的見解」どおりにするしかないのではないか。核兵器を使わなきゃ負けるのは必然。

From People's Daily Online,

"Zhu had repeatedly emphasized that he would express personal views on the issues that the reporters are interested in before they started discussions," the spokesman said.

Yes, the Chinese spokesperson must say so. But then again what would China actually do if the U.S. should attack her in case of a contigency in Taiwan region? How differently would the Chinese government respond from the strategy the Chinese dean expressed as his personal view? No chance of winning for China without A-bombs.


◆ ◆ ◆


他のメンバーの発言

中国の将軍は、政府の命令なしに、意味のない単なる脅しをかけたりしない。覚悟する必要あり。

Chinese Generals do not make empty threat unless their govt orders ten to.... be very afarid

私の中国での経験からすると、中国ではこの将軍ですら上層部の許可なしには私的な見解を述べることはできない。そういうわけで多少(スポークスマンの発言の)行間を読む必要がある。「丁寧な」脅しとでも言おうか。

After visiting and spending time in China over the years I can tell you that, even for this general to express his personal views, those views would have been sanctioned by the ruling elete, so a bit of reading between the lines is needed (call it a polite threat)

Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/21-f3fef165
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク