イギリス系のフォーラムで慰安婦問題について話をしていたので、もうしばらくやって何か面白い話ができたら、それについて書こうかと思っていたところでした。そしたらタイミングよくというか、今週にもこの問題についての決議がアメリカ議会下院で採択されそうだとの報道がありましたので、一言書いておきます。

一応、ニュースをここに再掲しておきます。

河野談話見直し始動 歴史教育議連、訪米も計画
2007年1月27日(土)03:01


産経新聞

 慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の河野洋平官房長官談話の見直しを検討している自民党の「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」小委員会は26日、本格的に活動を開始した。米下院で慰安婦問題に対する誤解に基づいた対日本非難決議案が提出される動きがあるため、中山泰秀小委員長らが早期に訪米し、採択阻止を目指すことを決めた。

 会合では、防衛研究所の元研究員が「当時『従軍慰安婦』の言葉はなく、旧日本軍が直接募集にかかわった事実はない」と説明した。

 安倍晋三首相は昨年の臨時国会で、政府として「河野談話」を踏襲する考えを示したが、旧日本軍による直接募集という「狭義の強制性」は否定した。「首相の本心は河野談話を踏襲することではない」(同会メンバー)とされ、政府が河野談話の見直しに踏み切れるよう側面支援していく考えだ。

 また、同会は「南京事件」から70周年の今年、同事件を題材にした映画が公開されることを懸念し、新たに小委員会を設けて誤解を解く運動を行う方針。中山成彬会長は「中国で外国人観光客が誇張、偽造された日本兵の残虐な行為の展示物をみれば、日本人へのイメージダウンになる。言うべきことを言わないと、真の日中友好ははかられない」と述べた。



採択阻止にむけてロビー活動をやるのならば、ぜひ、これをやっていただきたいと思います。

今、アメリカ議会で一番の懸案は、イラクへの増派に議会としてどう対応するのかという問題です。ですから「イラク問題」と「慰安婦問題」を対比しながら各議員へのロビー活動を最後の最後までやるべきです。

イラク問題の根本は、大量破壊兵器の存在、核兵器の開発疑惑について、決定的な証拠がないままに「まちがいない(スラム・ダンク)。」と確信してしまった思い込みに由来します。状況証拠、亡命イラク人の証言、フセイン大統領の過去の行い、各国のイラク研究者たちの論文、諜報機関からの情報などから、フセインが核開発をしていることは確実で、イラクに進行しさえすれば物は出てくる。そのように、ホワイトハウスのみならず、研究者、そして連邦議会のほとんどの議員たちも信じて疑わなかったわけです。

決定的な証拠がないことを主張したいたのは少数で、その人たち意見は無視されてしまいました。

慰安婦問題でも、日本軍、日本政府の直接的関与を裏付ける証拠はないといわれています。ならば、イラクでの過ちを指摘しながら、今まさに同じ間違いを犯そうとしているのではないのか、それでいいのか、確固たる証拠が見つかったのかと議員さん本人やスタッフたちに詰め寄るべきです。

彼らの心証を根本から翻すことはできなくても、採決に慎重な態度をとらせることはできるのではないでしょうか。

決定的な証拠もなくイラクに侵攻した大統領を批判してきた議員、特に辛らつだった民主党議員なら、慰安婦問題についても「決定的な証拠」を無視することはできないはずです。

Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/215-038f8eac
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク