米下院外交委員会傘下、アジア太平洋小委員会において、慰安婦問題について公聴会が開かれました。

5人の証言者によるオープニング発言を記録したトランスクリプト(筆記録)がすでに公開されています。すべて英文ですが、関心のある方は下のリンクをたどってください。

マイク・ホンダ

Lee Yong-soo

Jan Ruff O’Herne AO

Kim, Koon Ja

Ok Cha Soh, Ph. D.

この後、委員会のメンバーとの質疑応答があったはずですが、その筆記録はアップされていません。

ざっと目を通してみましたが、目新しい情報は含まれていないようです。ホンダ氏による趣旨説明に続き、3人の元慰安婦の方々がそれぞれの経験談を語り、最後にOk Cha Soh博士による、これまでの経過のまとめ、日本政府批判が続くという感じです。




追記:
アジア太平洋小委員会の委員長の発言の中に、見過ごせない箇所がありました。

次のようなくだりがあります。「アメリカも人権侵害したことがあるじゃないかと言う人もいる。なるほどそうかも知れない。」との発言に続いて、

「しかし女性を脅して性奴隷にしたり強制的に売春をさせるような命令を、政策として米軍が発令したことは一度もないが、これこそまさに日本軍がやったことである。」
"But nowhere in recorded history has the US military as a matter of policy issued a directive allowing for the coercion of young women into sexual slavery or forced prostitution. On the other hand, this is exactly what the Japanese military did ...."

そんな命令書は見つかってないはずですが、河野談話に尾ひれがついて一人歩きしているようですね。




また、Ok Cha Soh博士の証言の中には、こんなくだりがあります。

「1951年、オランダ政府宛の書簡の中で、日本はサンフランシスコ条約によって個人の賠償請求権が消滅するわけではないと同意している。」

"Further, in 1951, correspondence with the Dutch government, Japan agreed that the 1951 Treaty did not bar individual damage claims arising from the war. But today, Japan has discarded that statement and now says that such claims are barred by the Treaty."

ぼくは、これが本当なのかどうか知りませんが、この書簡についてどなたかご存知ありませんか?




Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/221-d162dda0
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク