久しぶりの英語学習のエントリーになります。今回もいつものパターンではじめましょう。




「ぼけ・つっこみ」とは何か?

それは技術です。人を笑わせるための。
それは役割です。二人漫才における。

他にもっと的確な説明語句があるでしょうが、ここではこれで十分です。要は、何度も繰り返してきたように、「ぼけ・つっこみ」と聞けば、途中のゴチャゴチャをすっ飛ばして「技術」とか「役割」という単語にとっさにたどり着く思考パターンが大切だということです。そのためには日頃から日本語上で訓練しておく必要があると繰り返してきました。日本語上でできなければ、英語上ではなおさらできないからです。

これは英語の語順についての訓練なので、その効果は、会話、読み、書き、リスニング、すべての分野のレベルアップに及びます。そこで今回は、教材としてYouTubeから英語のビデオ・クリップを一本選びました。内容は、インターネットの発展段階を表す「Web 2.0」という言葉についての説明ビデオとなっています。
(※内容は何でも構いませんでした。たまたまこのビデオを見ていて、英語の教材としてちょうどよいと思ったのでこれを選びました。)

Web 2.0
http://www.youtube.com/watch?v=nsa5ZTRJQ5w
(※このビデオに含まれる説明が正しいのかどうかは分かりません。あくまでも英語学習の教材としてみてください。)

これを見てさっと内容が理解できる人なら、その人は学習者レベルではないはずです。しかし日本語環境で普通に育った人なら、おそらく、英語リスニングにある程度慣れている人、映画なら字幕なしでも大丈夫という人であっても、このビデオは分かりにくいと感じるだろうと思います。

そう感じる原因はいくつかあります。たとえば、説明のスピードが速すぎるとか、含まれている情報量が多すぎて処理が追いつかないとか、内容が難しすぎるとか、単語が難しすぎるとか、ただ単に聞き取りができないとか、いろいろ考えられます。

しかしこれらの問題なら、同じビデオを繰り返し見たり、分からない単語を調べたり、トランスクリプトを見ながら聴いたりすれば解決可能です。ところが実際には、それでも難しさが残ります。何やらすっきりとしない、もやもやとした不快さも残ります。

それは情報の整理の仕方、情報の出てくる順番が日本語の場合とは異なるので、発せられた説明が記憶に残りにくいからです。「残りにくい」というよりも全く残らないという人もいると思います。日本語に訳された文を見れば容易にポイントがつかめて、記憶にも残り全体を把握できるのですっきりとするのですが、英語(特に説明調の英語)だとそうは行きません。

そこで前述の訓練に戻ってくるのですが、あの訓練をやり続けていれば、いずれ、このビデオ・クリップのような説明調の英語にも違和感、不快感を感じずに済むようになります。また説明が記憶に残りやすくなりますし、メモも取れるようになるでしょう。

ただし、これは映画やドラマが字幕なしでなんとなく理解できるというレベルの話ではありません。それはそれで特有の難しさがあるので、別途、取り組まなければならない題材なのでしょうが、それ用の説明なら優れた教材や学習方法がすでに紹介されているはずなので、ぼくが付け加えられるような説明は何も残ってないように思います。

ここでは、それとはまた違った難しさに焦点を合わせて、次のレベルにステップ・アップするための道筋を照らし出せればと考えています。

ちなみにこのビデオの出だしはこうなっています。

Web 2.0 is a term popularized by O'Reilly Media and MediaLive International as the name for service of web development conferences that started in October, 2004. After Dale Dougherty mentioned it during a brainstorming session, Dougherty suggested that the web was in renaissance with changing rules and evolving business models. The essence has come to refer to what some poeple see as the second phase of architecture and application development for the World Wide Web.

概略:
Web 2.0という用語は、二つの会社によって広められた言葉で、2004年に、O'Reilly Media社のデール ドゥラティ氏が提唱した説である。あるブレインストーミング会議において、ドゥラティは、インターネットはルネッサンス(再生)期にあり、ルールやビジネスモデルが進化しつつあると指摘した。彼の主張が発端となり、ウェブ用のアーキテクチャーやアプリケーション開発が第二の発展段階に移行したと認識されるようになったのが始まりである。



赤字でハイライトしている語句が、最初に説明した「技術」「役割」に当たる、真っ先に思いつかなければならない語句になります。意識的に記憶に残そうとしなければならない語句です。

次回からこのビデオを行単位で見ていきます。

Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/234-120de368
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク