バージニア工科大でおきた大量射殺事件の犯人は韓国系の学生であったわけですが、在米韓国人の集まるフォーラム(igoo.com)をのぞいて見ると、皆さんかなりのショックを受けている様子でした。

犯人が自殺してしまっているようですから、今後この事件の原因究明がどう展開するか気になるところです。犯人が生きていれば人々の怒りは犯人に向かうのでしょうが、その怒りの行き場をすでに失っている以上、他にはけ口を求めるしかないでしょう。

それは原因究明の名の下に行われるでしょうから、まずは大学の管理責任者あたりに矛先は向けられ、次には根本原因を理解しようと韓国文化、韓国人の心理(特に男性の)にも目が向けられるかもしれません。その一つの例として、igooフォーラムで紹介されていたブログ・エントリーを転載しておきます。


Shooter is South Korean (April 17, 2007)

I'd been suspecting it all day, for a lot of reasons, which is why I was sitting by the computer. Not the least of which was because a group of American university administrators whom Fulbright hosted nearly 10 years ago, when being a tour of Korean universities, asked the staff, "Why is it that out of all our international students, Korean males have so much trouble?"

To my surprise, all of the university officials cited incident after incident of Korean male graduate students who seemed to have trouble adjusting, often got into fights with other students in the living spaces, and were often the source of trouble in dealing with romantic relationships gone bad or women in general, especially when they involved Korean females dating non-Koreans.

Anyway, my little bit of uninformed analysis will be just the beginning. I'm sure we'll see all sorts of explanations from the Korean media. And for what it's worth, perhaps now the South Korean media and people will be faced with the question of stereotyping, media, and how treating individual incidents as evidence of various "national characters" leads down roads we don't want to travel.

All in all, a tragic story. But the conversation will prove...interesting, I'm sure.

Let the shitstorm and social experiment begin.


このブログの著者はやっぱり韓国人だったと書いているわけです。もう10年も前から大学関係者の間では、留学生の中で韓国人男性にまつわるトラブル(暴力)の発生率が一際高いことが知られていたのだそうです。特に韓国人女性が韓国人男性以外と交際している場合に問題が起こりやすいと書かれています。

この事件の背景に文化的な要因が絡んでいるのか、それとも単に犯人個人の特殊な性格に起因した事件なのか、今後の議論が待たれるところです。

emily.hilscher

igoo.comのフォーラムにアップされていた写真です。犯人の片思いだったのか、実際に交際があったのかは知りませんが、写真の女性がエミリーさん(死亡)、黒人男性の方(死亡?)はエミリーさんを犯人から奪った?とされる相手のようです。

Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/237-dfa03669
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク