下のリンクは、ShiaChatというコミュニティーで紹介されていたYouTubeビデオです。このフォーラム名からすると、イスラム教シーア派の人たちの集まりなのですが、主に欧米に在住している人たちのようです。もちろん中東在住の人たちもいます。その人たちがこのフォーラムを題材としたビデオを作製し、コンテストの結果、一番人気として選ばれたのがこのビデオでした。

内容は、掲示板荒らしとの戦いを人類史上最も困難な戦い(もちろんシャレで)に見立てて、それにのぞむ心構えを大げさに説いたビデオです。冗談半分のビデオではありますが、彼らの「戦い」に対する志向が表現されているとすれば、アルカイダやタリバン、反シオニズム勢力なども、この精神を胸に秘めて何十年ものあいだ活動しているのかも知れません。

それに対する白人側、イスラエル側も似たりよったりですから、少なくとも戦いを念頭においている人たちの間では、なんとなく妥協するという雰囲気は出てきません。

このビデオには映像的な見所はありません。文字と音楽だけなので、その内容だけ紹介しておきます。


Defeat the Spammers
http://www.youtube.com/watch?v=PcAAgDNQ82E

有史以来、争いごとは人類の常であった。
争いによって我々は目標を定め、能力を研ぎす澄ます。
争いは我々をやる気にさせ、行動へと駆り立てる。
敵の存在は我々を的に集中させ、脳力を引き出してくれる
毎日が競争であり、
毎日が挑戦である。
しかしかつて、スパム対策に勝る戦いはなかった。

挑戦を受けたからには、勝利するまで戦い続ける。
我々は敵よりも賢く、すばやく、力強い。
気をしっかりと持ち、圧倒されたり、気力を失ってはならない。
どんな状況にも順応し、知識を吸収し、頭脳で敵を圧倒せよ。
敵が休めば働き、敵が目覚めればその二倍働け。
敵の弱点を見つけ、
それを利用せよ!
敵の限界を見極め、
それを超えよ!
敵の意図を把握し、
敵を混乱させよ!
何が何でも
どんな犠牲を払ってでも
どんな障害があろうとも
スパム(発信者)を打ち負かさねばならない。
君にならできる。


Since the dawn of humanity, we have always had conflicts.
They give us goals, and horn our abilities.
They motivate us, and drive us!
Opposition focuses our talent on one goal, and brings out the champion in all of us.
Everyday brings us competition ...
Everyday brings us challenges ...
But there has been no greater conflict than yours against ShiaChat Spammers.

You have accepted the challenge, and will fight until you've won.
You are smarter, faster, stronger.
You will not be oppressed, overwhelmed, discouraged.
You will adapt any situation that may arise, and acquire the knowledge required to mentally overpower them.
You will work while they sleep, and will work even harder while they are awake.
You will find their vulnerabilities.
You must exploit them!
You will discover their limits.
You must surpass them!
You will understand their focus.
You must confuse them!
No matter what it takes ...
No matter what it costs ...
No matter what is in your way ...
ShiaChat Spammers will be defeated!
Only you can make it happen.



日本人には、忠臣蔵のような乾坤一擲(けんこんいってき)、のるかそるかの大勝負をするど根性はあっても、何十年も勝つまで戦い続けるという政治的信念はないように思います。彼らから学び取るべき点があるかどうかは分かりませんが、少なくとも世界にはこういう精神構造を持った人たちが多くいて、彼らと争う場合、我々の得意領域ではないことを勘定のうちに入れておくべきですね。不得意分野に引き込まれないよう注意しながら、自分たちの得意領域に相手を引き込む。そういう付き合い方を工夫しなければなりません。

Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/241-a978501f
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク