先月末に報道がありましたが、アルカイダのメディア委員会に所属するアダム・ガダーンAdam Gadahn 米カリフォルニア州出身)なる人物が、ブッシュ大統領と米国民向けてテロ攻撃を警告しました。とうとう来たなという感じです。




Gadahn

テロリズムの専門家たちは、アルカイダからの攻撃はいずれやって来ると口をそろえて言っていました。彼らが言うには、

(1)マクドナルドやレストランを自爆テロで吹き飛ばすつもりがあればいつでも出来ただろう。
(2)それを今までやらなかったということは、その程度のテロをやるつもりがないということ。
(3)実際、アルカイダは以前から、アメリカへの攻撃はその規模を段階的に大きくしていくと主張してる。
(4)9.11同時テロよりも小規模のテロを実行すれば、たとえ成功したとしても、世界にアルカイダの弱体化を印象付けてしまうからである。
(5)9.11以上のテロを準備するには時間がかかる。
(6)アルカイダは何年もかけて攻撃を準備するし、それを厭わない組織である。



また、専門家たちは、アルカイダのスリーピング・セル(指示があるまで潜伏しているテロ実働グループ)が、すでにアメリカ国内にあるだろうとも言っていました。イラクの米軍相手に実戦で訓練をつんだテロリストたちが、ヨーロッパやアメリカに20名単位で潜伏しているとの情報があったらしいです。

今回の警告ビデオについて、元CIAアルカイダ対策室室長で、現在ジェームズタウン財団で上級アナリストをしているマイケル・ショワー氏が解説しているので、まとめておきます(原文はこちらへ。とても読みにくい文章です。)。
※ちなみにジェームズタウン財団のアナリストには、元CIA職員だった人たちが多いそうです。

(1)今回の警告は今までのメッセージとは違う。
(2)アルカイダは、モハメッドのガイドラインに従い落ち度のないよう、攻撃前にわざわざアメリカ人をリクルートし、自然な英語でアメリカ人に警告を発した(※9.11のときは警告しなかったのでイスラム世界で批判された)。
(3)アダム・ガダーンは無名だが、今やオサマ・ビンラディン、アイマン・アル・ザワヒリに次ぐ重要なメッセンジャーとなった。
(4)ビデオ・メッセージ全体を費やし、アメリカ大統領と国民に対しイスラムへの改宗をすすめ、テロを予告した人物は、ビンラディン本人以外ではアダム・ガダーンがはじめてである。
(5)したがって今回のビデオはとても珍しいメッセージである。



つづく

Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/242-45b16c49
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク