Googleアラートで、最近公開された南京虐殺についての映画がどの程度話題となっているかを見ているのですが、思っていたよりは話題になっていないようです。ニュースやプログで取り上げられる件数としては、ソニーのゲーム事件(ソニー・エンターテーメントV.S.英国教会)のほうが多いくらいです。しかもソニーのゲーム事件自体がそれほど大きなニュースではありません。

尻上がりに話題性が増してくるのかもしれませんが、出だしとしては好調とは言えないのではないでしょうか。

Xinhua(新華社)が伝えるところによると、この映画は大絶賛されており、特にロイターなどは「ドキュメンタリー映画として最高のできで、すばらしい仕上げとなっている。」 と評価しているそうです。そして今のところ、制作会社には北京から8本、上海から18本のオーダーがあったが、日本の配給会社からはまったくアプローチされていないと伝えています。

"Nanking" documentary released in China

The film has received numerous plaudits including an accolade from Reuters who called it a "beautifully crafted film...(that) honors the highest calling of documentary filmmaking."

Beijing's cinemas have 8 copies of the film and Shanghai has ordered 18.

But so far no Japanese distributors have approached the Nanking production team to express an interest in distributing the documentary in Japan.

"Our film isn't an anti-Japanese film. It is an anti-war film," said Guttentag.
http://news.xinhuanet.com/english/2007-07/06/content_6338095.htm



Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/255-cf331538
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク