くどい英語とくどい日本語、その効果

説明の前に課題からはじめましょう。

課題:

何年か前から特にICT(情報通信技術)業界において「ガラパゴス化」が指摘されていた。ガラパゴス化とは日本市場において技術やサービスなどが独自に発展し、世界標準から乖離することをいう。




いつものように、文中にある赤文字「こと」を、より実質的な意味をもつ名詞に置き換えてください。次の文のカッコ内に入りそうな単語を思いつけばいいだけです。日本語だから、誰でもできるはずです。

ガラパゴス化とは日本市場において技術やサービスなどが独自に発展し、世界標準から乖離する(   )をいう。



思いつきそうで、なかなか思いつかない。頭がモヤモヤする。でもそのモヤモヤ感が重要なんです。英語で書いたり、話したりするときも、常に同じモヤモヤ感が付きまとうからです。だから、このモヤモヤ感をそくざに解決する思考に慣れておきましょう。

もう一点。ふだんから単語選びに敏感になっていれば、その態度は名詞選びだけではなく、動詞選びにもよい影響を及ぼします。より適切で、よりspecificで、限定的で、あいまいではない動詞を自分の語彙の中から引っ張ってこれるようになります。

たとえば、上の例文でいえば、

ガラパゴス化とは日本市場において技術やサービスなどが独自に発展し、世界標準から乖離する(   )をいう



文中最後に使われている赤文字「いう」についてですが、この漠然とした動詞の代わりに、より具体的な意味を持つ動詞(たとえば、「指す」とか「意味する」)を選べるようになります。そして、このようにより限定的で、意味あいの明確な単語を選ぼうとする心的態度は、英語を使うときにも、必ずあなたを手助けしてくれます。

さらにもう一点。ふだんから単語選びに敏感になっていると、他の人の単語選び、名詞選び、動詞選び、が気にかかるようになります。ならざるを得ません。不可避です。その結果どうなるかというと、ネイティブの書いた文章、会話を読み聞きしているときにも、彼らの名詞選び、動詞選びが気にかかるようになります。それを参考にできるようになります。関心があるからより注意をはらうようになります。さらにその結果、漠然と読み聞きしていたころとちがって、英語をよく読み、よく聞けるようになるんです。単語選びの巧みなネイティブ、それほどでもないネイティブ、思考のシャープなネイティブ、それほどでもないネイティブ、分けて観察できるようになります。

Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/272-db8625b2
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク