河野太郎衆議院議員の英語スピーチをYoutubeで拝見しました。一部の人の間では悪名高い河野洋平衆議院議長、の御子息です。

他のビデオを見ていて、たまたま右側のサムネのリストに出てきたのでクリックしてみました。どうせ原稿を読み上げつつ、それでも何を言ってるのか分からない、よくある政治家の英語スピーチなんだろうと思って期待してなかったのですが、聞き始めて数秒で「えっ、うそ~」と身を乗り出してしまいました。

まさかと思いながらしばらく聞いていると、やっぱりいいんですね。「お~すばらしい」と独り言。
英語でなんとかコミュニケーションできる政治家がいる。おどろきました。

河野太郎のスピーチ Part.2
http://www.youtube.com/watch?v=QZxDizilrsA&feature=channel
河野太郎のスピーチ Part.3
http://www.youtube.com/watch?v=3Eg8Fneaxqg


何がそんなにすばらしいのか。

発音やリズムがいい(日本人としては最高レベルでしょう)のはもちろんですが、そんなことよりも、彼は、わけわかって英語で話してます。それが伝わってくるんです。明らかに聴衆に語りかけてます。ふつうは、英語のスピーチということで一杯一杯。心の余裕はなく原稿の読み上げで精一杯。しどろもどろで不明瞭。ましてや聴衆の反応なんか・・・。そういう英語スピーチばかり見かけます。

ところが河野議員の場合は、明らかに関心が聴衆のほうに向いています。余裕もあります。スピーチのペースもゆったりとしていて、聞く側の理解、消化のペースへの配慮がみられます。緊張で舞い上がり、聞き手が理解してようがしていまいがお構いなしに、必死で原稿を読み上げるパターンが多い中、彼の落ち着きは立派にみえます。

話の内容はとても挑発的です。若い分、怖いもの知らずという感じでアメリカ批判。彼の立場に賛同するかどうかは別として、聞き手にとっても刺激的な内容が含まれていて退屈はしなかったでしょう。

政治家として忙しいでしょうに、いつの間に河野議員はこんなスキルを身につけたんでしょうか。

Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/289-8d73f1a1
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク