やっとトヨタ車問題の核心部分が出てきたようだ。コンピュータ・チップのプログラムに備わる欠陥を見つけた専門家がいるそうで、どうやらフェールセーフ・システム自体に欠陥があって、せっかくの二重安全システムが機能しないケースがあるらしい。詳しくはリンク先の英文記事を参照してほしい。

ABC News: Expert says electronic design flaw to blame in runaway Toyota models

これはトヨタにとっても悪いニュースではない。問題の核心さえ修正されればトヨタ車への信頼はまた戻ってくるからだ。

次のリンク先の記事によると、ウェブ上の話題、特にソーシャルメディアにおけるトヨタ関連の書き込みを分析してみると、面白いことに今回の騒動はトヨタにとって必ずしもマイナスになっていないそうだ。

Could the Toyota Recall Crisis be Helping the Brand?
http://mashable.com/2010/02/22/toyota-brand/

もちろん悪い書き込みは多いのだけれども、同時に中立的な書き込みとトヨタ支持の書き込みも増加しており、全体としてはパブリシティが増大した分、トヨタにとってプラスになっていると分析されている。今は売り上げが落ち込んでも、トヨタ車のバーゲンセールを狙っている消費者も多いと考えられ、欠陥の核心さえ修正されればトヨタ車の売り上げはいずれ回復すると予想されている。

連邦議会公聴会でのやりとりなど2ヶ月もすれば、どうせ誰も覚えてなどいないのだから、どうでもいいといえばどうでもいい。それよりも、はやくソフトウェアの欠陥を認め、修正し、謝罪し、この問題にケリをつけるほうがいい。


Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/299-ea5947c9
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク