長年の疑問がやっと解けたように思う。アメリカ人の声は太く日本人の声は細い。そういう印象を常に持っていたけれどもその理由はわからなかった。上半身の骨格がちがうしスカルの形もちがうから当然かなと思う反面、日系の人たちの声も太いので体格が原因でもなさそうだとは思っていた。
重要なちがいとも思っていなかったのでたいして気にはしていなかったのだが、たまたま見たビデオでその答えが解説されていた。

竹村和浩さん:英語発音の極意
http://www.youtube.com/watch?v=luTTqa8EUQ8

ちがいは喉の使い方にあるらしい。竹村さんによると日本語の母音は喉を絞めて発声するのにたいし、英語では母音も子音も喉を開いて発声するので声を出すときには常に喉の奥を開いておくのだそうだ。ためしに喉を開いて英語を発声してみると、たしかにアメリカ人風の声に聞こえる。

参考までに日系アメリカンの人たち声を聴いてみるとよくわかる。皆さん声が太い。

Ken Miura: USC Professor who taught George Lucas
http://www.youtube.com/watch?v=QZs78rWxvxs
Judge Vincent Okamoto: Genesis of The Memorial
http://www.youtube.com/watch?v=T-QlM1uAxFA
George Takei - Archive Interview Part 1 of 6
http://www.youtube.com/watch?v=xrgj_a3o5r0

ついでながら、この三者の表情を見比べてみるのもおもしろい。ミウラさんは音声を切ってその表情だけを見ていると、アメリカ人とは思えないほど日本人男性の表情とかわらない。ご両親がアメリカに移住した後も生活態度をまったく変えなかったのだろう。その影響が色ごく残っているのだと思う。

ミウラさんの対極にあるのが俳優のタケイさんだ(スタートレックで有名)。その表情からわかるようにアジア系のマスクにしては不自然なほどアメリカンである。いわゆるFrom ear to earの典型的アメリカン・スマイルで、そのはでな表情には日本のなごりはまったく感じられない。アメリカ社会に同化するために、アメリカ人以上にアメリカ風を強調してきたためであろう。日系二世の世代にはそういう「意識的アメリカ人」が多いと聞く。日系の人たちが「無意識で」どうしようもないほどアメリカ人になったのはタケイさんたちの次の世代からだ。


Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/305-f2fec710
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク