「面白い話をするのではない。面白そうに話をするのだ。『やってみたい』と思わせなければダメ。」

と著名な講演家がどこかでいっていたが、その意味では次のリンク先のリチャードさんは面白そうに日本語を話す人である。ビデオの内容は英語の学習法についてのアドバイスだ。

英語ぺらぺら裏技: GenkiEnglish.com
http://www.youtube.com/watch?v=kiceYymknnk

彼のいう裏技はたいしたアイディアではないし新しくもない。もちろんこれでペラペラになれるわけはないが、なんとなくやってみようかという気にはなる。もしボクが中国語をはじめるならこの方法を使ってみるかもしれない。

次に、話し方の比較のために、日本語にとても堪能だが少しおとなしめなヒコザエモンさんのビデオをみてみよう。内容は同じく英語学習についてのアドバイス。

英語を早く上達する秘密な技 How to Improve Your English FAST!
http://www.youtube.com/watch?v=qgt-x0sJ7rs

さて、ここからが今日のメインポイントになる。

二つのビデオを見比べればわかるとおり、単純に日本語の技量を比較するなら後者のヒコザエモンさんの方がだんぜん完成度は高い。しかし興味を持たせる話し方としてはどうだろうか。おとなしめで淡々としたヒコザエモンさんよりも、最初に登場したダイナミックで面白そうに話をするリチャードさんのほうに軍配が上がる。

つまり、語学的に完成度が高くても人を動かす話し方ができるとはかぎらないし、逆に完成度は低くても話し方しだいでは人をやる気にさせ動かすことができる。だから英語学習者であるボクもあなたも、語学としての完成度ではネイティブたちに遠くおよばなくても、話し方を工夫したり、説得力のある話し方を学んだりすることでネイティブ・スピーカーたちを超えることは可能なのである。


Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/306-7d78fb54
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク