「勝間 vs ひろゆき」のYoutubeビデオがネット上で話題となっていたので、遅ればせながら一言。
(※どうせすぐ削除されてしまうのでビデオへのリンクは省略)

検索してみると、あのビデオを視聴した多くの人が「勝間の負け」と見ていることがうかがえる。しかも「完敗」「フルボッコ」「ひろゆき圧勝」などと論評され、勝間の負けっぷりがしきりと強調されている。

でもなぜ完敗なのか。匿名の是非という結論の出にくいトピックであるにもかかわらず、どうして多くの人が迷うことなく西村の一方的な勝利と判断できたのか。なぜそういう印象(錯覚)になってしまったのか。

一言でいえば、ボディーランゲージの違いが二人の明暗を分けたのである。

西村の受け答えは終始スムーズで言葉につまることもなく、彼の表情には余裕すらただよっていたのにたいし、勝間の表情と声色からは常にイライラとあせりを読み取ることができた。人はたとえ話の内容がわからなくても、この違いを見逃すことはない。

前にも書いたと思うが、人の発言には常に二系統のメッセージが備わっている。一つは語られる内容。もう一つがボディーランゲージ。その二つのメッセージに齟齬(そご)がある場合、聞き手はボディーランゲージのほうを百パーセント信用する。例外はない。かよわい小声で震えながら「自信がある」といっても誰もその言葉を信じはしない。自動的に「自信がないのだ」と判断されてしまう。

あのビデオを見ると、勝間のボディーランゲージからは「議論に押されている」という印象しか伝わってこない。視聴者にまで伝わってくるイライラと緊張、余裕のなさは致命的だった。最後までその調子で、彼女の主張など視聴者にはもはやどうでもよかった。

一方、西村サイドに目を転じてみるとどうだろうか。彼の言葉だけを見れば、積極的に匿名を薦めているわけでもなく、ベンチャー起業や幸福感などのトピックについても、ただたんに現状を受け入れているだけで特段の意見(~しなければならない)を持っているわけではない。にもかかわらずネットにおける彼への評価はすこぶる高い。ひとえに彼のボディーランゲージの効果である。余裕と自信と確信を、声と表情で表現できていたからだ。

この二人の両極端なボディーランゲージが合わさった結果、「フルボッコ」「完敗」という極端な印象(錯覚)を視聴者に与えてしまったのである。



Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/314-4e896d0e
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク