たまたま興味深い記事を見つけたので、最初のさわりの部分を皆さんにも紹介しておきます。なんとも恐ろしい出来事です。

◆ ◆ ◆



元慰安婦は語る

「日本人は慰安婦をゆでてスープを作った。」

日本軍が「慰安所」を運営していた。

2005年7月25日 14:30

The Seoul Times
http://www.theseoultimes.com/

Shim Dal-Yeon は、12歳のとき、彼女が住んでいた村の近くで日本兵に誘拐され、軍用トラックに乗せられ、台湾にある日本軍の施設へと連れて来られた。そしてむりやり日本兵とのセックスを強要された。彼女は日本兵に酷く痛めつけられ、その後話をすることができなくなった。今の唯一の望みは、いっしょに連れ去られた姉を見つけ出すことである。

「日本人は朝鮮人女性を一人殺し、彼女の肉を大きな鍋でゆでた。」と北朝鮮出身の元慰安婦はインタビューに答えた。「日本人は、私たちにビーフ・スープだと嘘をつき、私たちはそれを食べた。」

(soudenjapan:要するに料理の現場は見ておらず、ことの真偽は分からないないということ。)

83歳のPark Young-Shim は、日本人は慰安婦数名を、日本兵の性欲処理に協力的でないと言う理由で殺害したと言う。

4月27日、韓国の通信社YNAは、2005年4月27日付けのthe ethnic Chosunshinbo (http://www.korea-np.co.jp/) 新聞(在日北朝鮮人協会 Jochongryon発行)の目撃者の証言記事から、彼女の体験を引用しながらレポートした。
(soudenjapan:ウ~ン。でも北朝鮮だから捏造とは限りませんよ。)

上海の日本軍慰安所--中国上海にあった「上海陸軍娯楽センター」と呼ばれた日本軍の風俗店または慰安所。この木造施設の各部屋で、一人の慰安婦が兵隊一人を順番に相手をした。各部屋の扉には、慰安婦の名前が記されていた。中国人の家やテントを慰安所として使う隊もあった。

「ある日、日本人がやってきて、慰安婦たちが空腹で餓死してしまいそうだから、ビーフ・スープでもてなしてやろうと言った。」とParkさんは言う。「だから私たちはそれを食べた。すると日本人はクスクスと笑いながら、そのスープには朝鮮女の肉が入っていると言った。」

「日本人は本当に獣だ。」とParkさんは続けた。「やつらは、セックスを拒んだ慰安婦一人を切り刻み、その肉を鍋でゆであげたんです。」

◆ ◆ ◆



soudenjapan

この元慰安婦は料理の現場を見ていません。言われて初めて気が付いたと言うことは、現場を見ていないということです。

見てないから嘘とは限らないから、それはそれでよい。実際、気の狂った日本人がやったかも知れない。脅しのためについた嘘かも知れない。

問題は、この記事を書いたジャーナリストは、この証言者が現場を見てないことに気付いていたはずである。その上でその断りを入れていない。おそらく意図的に入れなかったのでしょう。ですから読者としては、この記事は政治的な色合いの強い(怒りや嫌悪をあおる目的の)文章であることを明記しておく必要があります。

もちろん頭から捏造だと決めてかかる必要もありませんよ。実際、今までも身の毛のよだつような事件は時々あったわけですから。

◆ ◆ ◆



Ex-sex slave narrates

"Japan Boiled Comfort Woman to Make Soup"

Japanese Army Ran "Comfort Woman System"

Monday, July 25, 2005, 14:30

The Seoul Times

http://www.theseoultimes.com/

Shim Dal-Yeon was kidnapped by Japanese soldiers near her village in Chilgok County in North Gyeongsang Province. At age 12 she was put on the military truck and was taken to the Japanese military in Taiwan where she was forced to have sex with Japanese soldiers. She was so brutally abused by the soldiers that she was not able to speak later. Her only wish is to find out her older sister who was also taken with her to the Japanese military.

"The Japanese killed a Korean woman and boiled her flesh in a big pot," said a former North Korean comfort woman in an interview. "They lied to us that it was beef soup and we ate it."

The 83-year-old Park Young-Shim said that the Japanese killed some of the comfort women just because they were not cooperative in serving sex to the Japanese soldiers.

South Korea's news agency YNA reported on April 27th, her case quoting a witness' account article from the April 27, 2005 edition of the ethnic Chosunshinbo (http://www.korea-np.co.jp/) newspaper of the pro-North Korean Association of Koreans in Japan called in Korean "Jochongryon."

Japanese Military Comfort Station in Shanghai ― A Japanese Army's sex shop or "comfort station" called "Shanghai Army Recreational Center" in Shanghai, China. In each compartment (room) of this wooden facility is one comfort woman to receive one soldier, respectively. On the door is written name of the comfort woman. Other Japanese units used Chinese houses or tents for "comfort stations."

"One day Japs came and said that because we are nearly starving to death, they would treat us with beef soup," said Park. "So we ate it and they said with a big chuckle that the soup was made out of the meat of a Korean woman."

"Japs are really like animals," Park continued. "They butchered one of the comfort women who refused to serve sex for them and they boiled her flesh in a pot."



Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/42-280d724e
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク