昨日の続きで、暗い気分になる話ではありますが、もう少し翻訳しておきましょう。マトバ少佐が宴会を盛り上げる座興としてやったことのようです。

全原文はこちらです。

◆ ◆ ◆



未来の大統領が助かったのは、他のパイロットたちよりも島から遠くへ不時着し、何とか救命ボートにたどり着けたからである。彼を捉えようとする日本船に対し、米機は攻撃を浴びせかけ押し戻し、最終的に彼は米潜水艦により救助された。

USSフィンバックの黒い船体が目の前に浮かび上がってきたとき、幻覚を見ているのかと思ったと、彼はFlyboysの出版と同時に公開されたテレビインタビューの中でブラッドレーにそう言っている。救助されるまでブッシュは、嘔吐し、頭部から出血し、恐怖のためにすすり泣いていた。救助されたとき彼は「たどり着けてよかった。」としか言えなかったと話した。

ブッシュが打ち落とされた話(それに対し勲章をもらっている)はアメリカ人に良く知られていが、最近まで知られていなかったのは、他の戦友たちに起こったゾッとする運命である(ブッシュと同乗していたパイロットは陸にたどりついていた)。

ブラッドレー氏は、戦争裁判を公式傍聴していた元将官、弁護士から渡された裁判の極秘筆記禄と、旧日本兵の証言をつなぎ合わせ、恐ろしい真実を浮かび上がらせた。無線捜査士のMarve Mershonは、目隠し状態で新しく掘られた墓場へと連れて行かれ、斬首のためにひざまずかされた、と戦争犯罪裁判でイワカワと言う日本兵が証言した。「首を切られたとき彼は大声はあげなかったが、軽いうめき声をあげた。」

次の日、日本人将校、セツオ・マトバ少佐は、最高司令官ヨシオ・タチバナを含む将校のための宴会用料理に、アメリカ人の肉を加えることを決めた。後に二人とも裁判にかけられ処刑されている。

外科医がその材料を準備する際に手伝いをした衛生兵によると、「テラキ医師は胸を開き、肝臓を取り出した。自分はアメリカ人パイロットのもも肉(約6ポンド、横4インチ、縦1フィート)を切り取った。

もう一人のパイロット、Floyd Hallも同じ運命をたどった。海軍大将クニゾウ?キンゾウ?・モリ(父島における海軍首脳)は、彼の官舎で行なわれた宴会に、マトバ少佐が特別に用意されたFloyd Hallの肝臓を「珍味」として持ってきたと裁判で答えている。

モリ大将によるとマトバは「竹串にさし醤油と野菜で調理した。」と説明したと言う。彼らは、胃薬になると信じながら、ほんの少しだけを食したとモリ大将は回想した。

The future president escaped a similar fate because he ditched his plane further from the island than the other crews, and managed to scramble on to a liferaft. American planes launched a hail of fire at Japanese boats which set out to capture him, driving them back, and he was eventually rescued by a US submarine.

When the black hull of the USS Finback surfaced in front of him, he thought he was hallucinating, he told Mr Bradley in a television film made to coincide with the publication of Flyboys. He had been vomiting, bleeding from a head wound, and weeping with fear. He said only four words to his rescuers: "Happy to be aboard."

Mr Bush's part in the raid - for which he won the Distinguished Flying Cross - has long been known to Americans. Not known until now was the grim fate of his downed comrades - none from his own plane - who swam ashore.

Mr Bradley pieced together the horrific truth from secret transcripts of the war crimes trials, given to him by a former officer and lawyer who was an official witness at the time, and the testimony of surviving Japanese veterans.

A radio operator, Marve Mershon, was marched to a freshly dug grave, blindfolded, and made to kneel for beheading by sword, testified a Japanese soldier, named as Iwakawa, at the war crimes trial. "When the flyer was struck, he did not cry out, but made a slight groan."

The next day a Japanese officer, Major Sueo Matoba, decided to include American flesh in a sake-fuelled feast he laid on for officers including the commander-in-chief on the island, Gen Yoshio Tachibana. Both men were later tried and executed for war crimes.

A Japanese medical orderly who helped the surgeon prepare the ingredients said: "Dr Teraki cut open the chest and took out the liver. I removed a piece of flesh from the flyer's thigh, weighing about six pounds and measuring four inches wide, about a foot long."

Another crewman, Floyd Hall, met a similar fate. Adml Kinizo Mori, the senior naval officer on Chichi Jima, told the court that Major Matoba brought "a delicacy" to a party at his quarters - a specially prepared dish of Floyd Hall's liver.

According to Adml Mori, Matoba told him: "I had it pierced with bamboo sticks and cooked with soy sauce and vegetables." They ate it in "very small pieces", believing it "good medicine for the stomach", the admiral recalled.

Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/67-5a2b995c
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク