在日英国人クリスから返信が来ていました。結構長いコメントなのですが、推測とクリスの解釈ばかりで、僕のコメントと本当に関係のある部分は少ないです。僕からの返信では、クリスには悪いけれどもばっさりと大部分を切り捨てることになるでしょう。

◆ ◆ ◆



僕は、あなたの投稿には二重の意味があるように強く感じる。あなたは日中戦争中の虐殺を正当化するために、知的には破綻、道徳的には堕落した詭弁を隠し持っているようだ。

あなたの議論には二つの筋がある。

1.第一は、日本兵が虐殺を犯した理由にたいする歴史的説明と、その行為の道徳的正当性を明確に区別している。すなわち、あなたの最初のコメントは成立するが、それは虐殺行為の背後にあった動機について、純粋な事実関係の説明としてのみ成り立つ。

反乱を鎮圧することだけが殺害の動機だったとする説明方法は、東西ヨーロッパにおけるナチスにも、アルメニアにおけるトルコ人にも、ベトナムにおけるアメリカ(イラク?)にも、ローマ人による虐殺にも当てはまるだろう。この説明方法なら、太古の昔からのどんな戦争中の虐殺に対しても当てはめることが可能だ。しかし何の言い訳にもならない。

実際、何が起こったのかの説明方法としても説得力があるとは思わない。日本人の場合には、軍隊における指揮系統の脆弱さ、当時の軍隊における極端な残忍性、軍隊内で広く行き渡った過激で人種差別的なイデオロギーなど虐殺に結びつく要素が他にもたくさんあった。


2.もう一方の筋では、日本人の行動を現在の対テロ戦争と比較描写し、道徳的いかがわしさを弱めようとしている。これにはたくさんの問題がある。

まず、アジア大陸での日本の侵略行為と、対テロ戦争とには本当の共通点はない。仮に対テロ戦争に正当性があったとしても、日本には9.11もしくはそれに類似する事件は起こってないからだ。アジアへの侵略以前には、日本本土にはテロの脅威はなかった。

これは侵略戦争であり、武装勢力との戦いはその侵略戦争の一部である。もちろん、日本はそもそも中国にいる権利があったのかどうかについての疑問がここでの核心だ。この第二の議論を展開するには、この点を避けることはできない。

しかし、日本には中国にとどまっている権利があった、と仮に結論したとしよう(もちろん実際にはそんなものはなかった。ケニヤでのイギリス、アルジェリアでのフランスと同じだ。)。それでも日本人のしたことを正当化するためには、テロ対策としての戦術が正当であったことを証明しなければならない。だが正当ではなかった。

どれほどアメリカのイラクでの行為を非難しようとも、大規模で意図的なイラク人虐殺は政策としてはなかった。日本のはナチスが東ヨーロッパで行なったことに近い。何千何万もの人を意図的に虐殺しておきながら、「ゲリラ兵との戦いは血みどろになるのは不可避でです。」と言う誤魔化しで正当化できると考えているのなら、あなたには道徳心が完全に欠如している。

本当のところは、もし第一の筋に沿っているのなら、あなたの説明は歴史的に不完全で、あまり面白くもない。第二の筋なら、あなたはただ単に間違っている。

僕が思うのは、あなたはこれら二つの議論の間を移動しながら、正直に明確な議論をぶつけるのではなく、何らかの道徳的言い訳をしようとしている。全くの詭弁でしかない。


I feel I have a pretty strong idea of the different layers of meaning in your post. You seem to be hiding behind a morally degenerate and intellectually bankrupt sophistry to explain away Japanese atrocities in the Sino Japanese war.

There are two honest lines of argument open to you.

1. The first is to clearly distinguish the historical explanation of why japanese soldiers committed terrible atrocities in the Sino Japanese War from any moral justification of those actions. Ie. your initial comment stands but it stands as a purely factual explanation of the motivation behind the atrocities.

The same explanation - that the killings were motivated purely by a wish to quell insurgents - would of course apply to the Nazis in Eastern and Western Europe, to the Turkish in Armenia, to the Americans in Vietnam (and Iraq?), to the Roman practise of decimation. Indeed, it could be used to explain just about every wartime atrocity since the dawn of time. It doesn't excuse anything.

Infact, I think it is not even a very convincing explanation of what happened. In the Japanese case there were many other factors leading to the atrocities such as weak command structures within the Japanese military, extreme brutality within the Japanese army at the time and the prevalence of extremist and racist ideology among its officer corps.

2. The second line of argument is to try, if not to excuse, then to portray the Japanese actions as less morally repugnant by analogy to the current war on terror. There are a number of serious problems with any such attempt.

The first is that there can be no honest parallel between the Japanese aggression in continental asia and the war on terror, even if we accepted the justifications of the war on terror, for the simple reason that there was no Japanese September 11 or anything like it. There was no terrorist threat to Japan before its aggression in Asia and, infact, no serious threat on the Japanese mainland for most of this period.

This was a war of aggression and the fighting of insurgents was part of that aggression. Of course, my question about whether the Japanese had any right to be there is the central point here. You can't avoid it if you are going down this second line of argument.

But lets say we concluded that the Japanese had some right to be in China (which, let's face it, they didn't. It was much more analogous to the British in Kenya or the French in Algeria). Then for this argument to suffice as a justification of what they did, you would have to also prove that there tactics were legitimate responses to the terrorist threat. They were not.

However much I might condemn American actions in Iraq, I haven't noticed wholesale and purposeful butchery of the local population as one of their policies. That is much more analagous to what the Nazis did in Eastern Europe. If you really think that the deliberate massacre of hundreds of thousands of people can be justified with the glib comment that wars against guerilla fighters "inevitably get nasty" then you are utterly morally bankrupt.

The truth is that, if you are following the first line of argument, your explanation is historically incomplete and really rather uninteresting. If you are following the second line of argument, you are just wrong.

Infact, what I think you are trying to do is move between the two arguments, vaguely implying some sort of moral excuse without having the honesty to come out and argue it clearly. It is pure sophistry.

Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/68-5db3cc87
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク