在日英国人クリスとの対話は、長くなって翻訳に困っていたのですが、途中からSearlと名のる方が加わりうまく論点を整理してくれたので、そこからの続きをアップしておきます。

途中部分はこちら(英文のまま)です。

◆ ◆ ◆



僕の意見では、もしsoudenjapanがこの説明方法で日本兵による虐殺を正当化しようとしているのなら、彼は確かに、bingfengのいう言う意味で「賢い」が、彼はそうしようとしているのではないと明言している。

僕は、彼の最終的な論点は正当化ではないと思う。彼はこう言っている。

「この戦争をその観点から見ていないから、日本人を頭のおかしいサディストと空想し、そのように描かざるを得なくなる。そうしないとなぜ日本人が中国人を殺していたのかその理由を説明できず、自説の弱み、空白を埋めることができないからだ。」

まさしく中国共産党のやっていることは、日本人をそのように描き、人々にそう信じ込ませようとしているのだと思う。

もし事実上の戦闘員であるゲリラの殺害を仕方ない、あるいは正当であると考え、さらに日本兵が殺したのはすべてゲリラだったとsoudenjapanが主張していると思うなら、soudenjapanは日中戦争を正当化しようとしていると思えるにちがいない。しかしsoudenjapanはそうは言っていない。

そこでsoudenjapanとクリス両方に質問してみたい。

soudenjapanへ、

共産党発表の虐殺についての説明が正確であるかどうか多くの人が疑いを持ってはいるが、あの戦争中虐殺は起こり、多くの日本兵が戦争犯罪を犯したのは間違いない。それはベトナムでの虐殺と同様で、ああいう血みどろの状況では分けのわからないことが起きやすいものの、赤子を殺したり強姦したりは、どう見ても正当化できない戦争犯罪である。これには同意しますか?

クリスへ、

soudenjapanの説ならナチスのケースにも当てはまると言うが、ユダヤ人たちは、戦場における中国人ゲリラと同じであったと思いますか?東条は中国人絶滅をねらう政策を持っていましたか?
8/15/2005 12:58 PM by Searl



このスレッドにはもう関わりたくないので短く答えることにする。

ユダヤ人のケースとは完全に一致するとは思わないが、フランスや東ヨーロッパ、あるいはその他の地域、どこであれドイツが抵抗に遭った地域における民間人の虐殺にそっくりだと思う。イデオロギー的、高度な主義主張もあったが、ナチスはユダヤ人を内なる敵と見なしていたことも事実である。

上で説明したように、soudenjapanの対テロ戦説で説明できない部分については、次の要因で説明できるかもしれない。
効果的な軍紀統制の欠如
将校に見られる過激な帝国主義的イデオロギー
兵や指揮官にみられる極端な人種偏見
軍隊内での過酷ないじめ

ナチスによるホロコーストほどはっきりと目的化されていはいなかったが、とてつもない虐殺の記録である。
8/15/2005 7:10 PM by Chris

Searl、 クリス、

>効果的な軍紀統制の欠如
>将校に見られる過激な帝国主義的イデオロギー
>兵や指揮官にみられる極端な人種偏見
>軍隊内での過酷ないじめ

どれ一つとして、必ずしも虐殺を引き起こす要因ではありません。クリスはなぜ「効果的な軍紀統制の欠如」が虐殺につながるのかを説明していません。ベトナムでのアメリカ軍にも「効果的な軍紀統制の欠如」があったのでしょうか?

{※soudenjapan: この部分には僕の誤読が含まれています。クリスは、(soudenjapan説で説明できない点については)これらの要因で説明がつくかもしれない。」と言っているのですが、カッコ内の条件を読み落としていました。}

「将校に見られる過激な帝国主義的イデオロギー」と虐殺?どうつながるのか分かりません。タイ人、インド人、マレーシア人は「過激な帝国主義的イデオロギー」による虐殺を指摘していません。

その一方で、僕の説でなら日本のケースだけでなく、ベトナムでの韓国軍、チェチェンでのロシア軍など、世界中の軍による虐殺を説明できます。民間人がゲリラ、テロリスト、武装勢力として、内外からの支援と得ながら、占領軍と戦い始めると虐殺は避けられない帰結なのかもしれません。誰でも簡単に、軍隊と虐殺とのつながり方に気が付きます。
8/17/2005 11:39 PM by soudenjapan


In my opinion, soundenjapan is smart in Bingfeng's sense if he is trying to justify all the atrocities done by Japanese soldiers by his explanation, but he made it clear that he was not trying to do that.

In my interpretation, his ultimate point is different. He said,

"Because you fail to see the war from that perspective, you need to portray the Japanese being crazy and sadistic on an imaginary basis, otherwise you cannot fill the void and the weakness of your theory of why the Japanese did it."

I am afraid that CCP is just trying to portray the Japanese as such and is trying to let people believe so.

If someone suppose that killing guerillas, who are soldiers in reality, is understandable and even justifiable and also suppose that soundenjapan is claiming that all Japanese soldiers killed were guerillas, then he might conclude therefore that soudenjapan is justifying the sino-japanese war,but soundenjapan is not claiming that.

I want to ask to both soundenjapan and Chris.

To soundenjapan
Though many doubt the accuracy of CCP account of the massacres, there were massacres during the war and many Japanese soldier committed war crimes during the fight against guerillas just as there were massacres at Vietnam, and though the irrational crazy things are easy to happen in the nasty situation like that, the war crimes like killing babies and raping are not justified in any sense.Do you agree to that?

To Chris,
Chris claims soundenjapan's theory also applies to the case of Nazi, but do you believe that Jews were guerillas in the same sense as civilian Chinese guerrillas at the battle fields?, did Tojo have a policy to annihilate all the Chinese?
8/15/2005 12:58 PM by Searl


I will keep my answer brief because I don't want to continue my involvement in this thread.

I don't think it is precisely the same as the situation as the situation with the Jews. However it is very similar to the massacres of civilians in France and Eastern Europe and elsewhere when the Germans met resistance. It is also true that the Nazis did see the Jews as an enemy within, although there was more ideological superstructure.

As I said above, the aspects of the Japanese atrocities that cannot be explained in Soudenjapan's anti-terrorist fight thesis might be explained by reference to factors such as a lack of effective control in parts of the army, extremist imperialist ideology among the officers, extreme racism among soldiers and commanders, and the brutalisation of soldiers in an incredibly brutal military.

It wasn't as centrally ordained as the Nazi holocaust but it was a appalling record of atrocities.
8/15/2005 7:10 PM by Chris


Searl, Chris,

>Soudenjapan:s antiterrorist fight thesis might be
>explained by reference to factors such as a lack of
> effective control in parts of the army, extremist
> imperialist ideology among the officers, extreme
>racism among soldiers and commanders, and the
>brutalisation of soldiers in an incredibly brutal
>military.


None of these factors necessarily cause atrocities. Chris does not explain why, for instance, "a lack of effective control in parts of the army" ends up an occurrence of an atrocity. Was the U.S. military in Vietnam experiencing "a lack of effective control in parts of the army"?

"[E]xtremist imperialist ideology among the officers" and atrocities? I don't see the linkage. Thaies, Indians, Malaysians do not talk about atrocities committed by the Japanese soldiers with "extremist imperialist ideology."

On the other hand, my thesis explains not only the Japanese case but also many other cases of atrocity committed by military all over the world, ranging from Korean army in Vietnam to Russians in Chechen. Atrocity is probably an unavoidable consequence when civilians start fighting the occupation forces as guerrillas, terrorists, and insurgents with support from others inside or outside of their countries. Anyone can easily see the pattern of linkage between miltary forces and atrocities.
8/17/2005 11:39 PM by soudenjapan

Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/77-ee449a4c
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク