China Dailyという所のフォーラムに登録して、試しに次のコメントを投稿してスレッドを立ててみました。中国側から反応があるかどうか分かりませんが、しばらく様子を見てみます。

◆ ◆ ◆



日本と中国、現状維持でいこう

我々の政府の仲は、現状では明らかにうまく行っていない。またお互いへの反感や敵意が、日中双方において特に若い世代の間で広まりつつあるようにも見える。

しかし我々は大の仲良しになる必要があるだろうか?現状を維持できるのなら、それはそれでお互いのために、そう悪くはないことかもしれない。

二国間の貿易は、中国は日本に必要なものを提供し、日本も中国に必要なものを提供し、互いに補完しあいつつよい状態にある。現状の中国経済はとてもうまく行っており、日本の方も回復しつつある。

もちろん我々が大の仲良しにならないことには、中国人が日本から欲しがっているもの、例えば満足のいく謝罪や、適切な教科書の記述などを手に入れることはないだろう。強く催促しても逆効果なだけかも知れない。

でもだからどうだと言うのだろう?中国人は戦後65年経った今でも、それらを手にしていないと言う。ということは、それなしでも生きていけると言うことだし、二国間関係に関する限り、現状でもやっていけるということを意味する。

中国側にとって挑発的とされる論点は、すでにすべて表面化しており、どこかに隠されているわけではない。台湾問題はずっとその辺にあったし、天然ガスの探索についてもすでに一般によく知られている。靖国訪問、謝罪、尖閣諸島や教科書問題も新しくはない。我々はそういう問題が解決されず現状のままであっても、平和に暮らすことができる。

だから現状維持で十分かもしれない。だがこれ以上の悪化はよくない。したがって今重要なのは、(関係改善ではなく)日中関係の現状をどうやって維持させていくかを問うことである。


Japan and China, maintaining the status quo

Our governments are clearly not on friendly terms right now. It appears that a feeling of resentment and hostility to each other have been growing among, in particular, the younger generations in both Japan and China.

But why do we need to be very friendly to each other? If we can manage to maintain the status quo, it may turn out to be not so bad for each other.

The bilateral trade is good so far, complementing each other with China providing what we need here while Japan doing the same for China. The Chinese economy looks like in great shape at the moment. Japan's economy is in a recovery phase.

Of course, unless we are very friendly, it is unlikely that Chinese people get what they want to get from the Japanese, such as satisfactory appology, proper descriptions in history textbook, etc. Demanding them may be counter-effective.

But so what? The Chinese say that they haven't still gotten them after 65 years from the end of the World War II. That means that they can live without them and with the status quo as far as the bilateral relations between the two nations are concerned.

Issues that are said to be provocative from Chinese point of view are already out there, not hiden somewhere in the back. The Taiwan issue has always been around. We have the already-publicized dispute over the natural gass exploration. Yasukuni visit, appology, those islands, and textbook issues have been around for some time. We can live in peace with those issues unresolved.

So the status quo may be good enough but should not get worsen any further. Thus, the important question we should be asking now is how we can maintain the status quo with regard to Sino-Japanese relations.

Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/78-6dbe6f9b
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク