アメリカ人も散々なことを言われますが、その点では日本人も負けていないようですね。散々なことを言われていますが、その中でも日本人に見下されているという意識は根強いようです。中国人バージョンもあるのですが、自信を付けつつあるようで若干印象がちがいます。また機会を改めてまとめておきます。

◆ ◆ ◆




アジア系の中で日本人が最高の種族であり、それに比べて韓国人や中国人は人間以下であるかのような、そんな彼らの態度にはもううんざりだ。

敗戦の後でさえ、日本人は大胆にも他のアジア人に対し優越感を持ち続けてきた。過ちを振り返ることにより、彼らの民族差別、プライド、民族主義は薄れたというわけではなく、日本人は反省しているとの幻想によりずっと気付かれず包み隠されてきた。しかし実はその態度は前よりも強まり、「日本人がベストである」ことを皆が受け入れる日を待ちつつ、今でも存在しつづけている。


個々の日本人を侮辱するつもりはなし、日本人一般についてフェアーでないことを言うつもりもない。だから僕が書いてきたことはほとんど日本政府の行動に対するものだった。しかし自分の経験上、カナダにいる時ですら、日本人の優越感を感じるのである。

もちろん今日の世界では、日本人によるあからさまな差別はタブーではあるが、裏に潜んだ微妙な優越感に気分を害される。

例えば、「いくつかの産業において韓国はライバルですかパートナーですか?」と言う質問に対し、ほとんどの日本人は「パートナー」と答えた。実際には該当産業において提携などないにも関わらずである。同じ質問に対し韓国人は、該当産業において日韓は競争しているのだから日本は「ライバル」と答えた。日本人は他のアジアの国がライバルとして競争相手になれる、この事実を微妙に受け入れようとしない。

日本人の友人が何人かいるが、これは彼らの態度の中にも何となく反映されている。彼らは微妙に差別的な発言をすることがあるが、彼ら自信はそうしていることに気付きさえもしないのである。自分が彼らと比べて何ら遜色のないばかりか、優れている点もあることを示さざるを得ないような気にさせられることもある。

この微妙な差別的な態度はあからさまではないが、誰でもそれに気がつく。ある日本人と話をしているときであろうが、日本政府の態度であろうが、他のアジア人にそう感じさせる何かを発しているのだ。多くの日本人(例えば友人の元の彼女など)にそういう意識がないことは知っている。

もしかするとこれは文化的なものかという考えが頭をよぎる。日本はお堅い社会システムであることは知っている。そのせいでこの内面性が強調されているのかもしれないが、よく分からない。言えることは、僕は韓国人としてだけではなくアジア人としての誇りも持っているし、日本人にも優越感を取り払って、兄弟として誠意をもち互いに協力しながらアジアにもっと近づいて欲しい。

結局、日本人も中国人も韓国人も流れている血は同じなのだから、アジア人全てが日本のこれまで成し遂げてきたことを誇りに感じている。しかし我々が一致結束する前に、過去の問題を解決しなければならない。

We are tired of the Japanese attitude that they are the best "species" of Asian humanity, as if Koreans and Chinese are sub-human compared to them.


Even after their defeat, Japanese people have defiantly kept their attitude of "superiority" over the rest of Asia. Their racism, pride, and nationalism, have not receded through reflection of wrong doing but, instead, has been blanketed over by an illusion that they are sorry. But actually it is still there, stronger than ever, waiting for the moment when the world will accept their attitude of "the Japanese are the best."


My intent was not to offend any Japanese individual. I do not want to make any unfair generalizations, so that is why my post is mostly directed towards to actions of the Japanese government and not the people. However, throughout my experience, I do have to comment on the fact that I have been, even in Canada, feeling the Japanese superiority complex.

Of course in today’s world, direct discrimination by Japanese is taboo, but it is the underlying, subtleness of the superiority complex that disturbs me.

For example, when the Japanese public was asked “whether Korea was a rival or and partner in some industries” most Japanese people responded “partner”, when there is no real partnership happening in the given industries at all. When the same question was asked to Koreans, they said Japan was a “rival”, because the truth was the two countries were competing in these given industries. The subtleness is that the Japanese do not like to accept the fact that a foreign Asian country could rival or compete with it, in some industries. (I’m being general about which industries it was because I cannot remember)

Also, I have several Japanese friends who somehow portray the attitude as well. They may make slightly racist comments while not even realising that they had said. Somehow, I also feel like I have to prove something to my Japanese friends, as if to show them I am as good as they are, or better.

This subtle discriminatory attitude is not obvious, but one can definitely feel it. Whether it is talking to a Japanese person giving it off or the Japanese public or government in general giving off the attitude, there is something there that makes other Asians feel this way. I do agree that there are probably many Japanese people who do not feel this way, an example being my friend’s ex-girlfriend.

The thought that this attitude might be a result of culture also has crossed my mind. I know the Japanese have a very rigid social system, so perhaps this accentuates the mentality? I’m not sure. All I can say is that I am proud to be Asia, not just Korea and I do wish the Japanese could become closer to Asia, drop their superiority complex and re-join their brothers in mutual and sincere co-operation.

All Asians are proud with what the Japanese have accomplished, because in essence Chinese, Japanese and Koreans all of the same blood running inside them, but before we can unite, past attitudes and issues must be dealt with.

Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/84-d7d4085e
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク