久しぶりに英語を話す韓国人(たぶん)を見つけました。

「日本人はアメリカ政府に対し、戦時中に不当に強制収容されたことへの謝罪と賠償を求めておきながら、自分たちは中国人や韓国人の個人賠償に応じようとしない。これは不当である。しかもその理由は、過去の責任は当時の日本人に属し、現代の日本人には責任がないからと言う。これも不当である。」という言いがかりを付けてきているのです。

◆ ◆ ◆



jsx123
旧世代と新世代


旧世代の日本人の犯した犯罪は、新世代の日本人とは何の関係もないという意見は、国家と言う文脈を考えれば愚かしいと思います。二つの理由があります。

1.旧世代の犯した侵略と略奪は、日本の将来の世代の利益となっている。これは戦時中の強制労働(例えば日本に連行された韓国人奴隷)や奪い取られ日本へと送られた韓国の富などが含まれる。現世代は彼らの先祖の始めた戦争の受益者である。

2.日本人はアメリカにおける戦時強制収容に対し国からの謝罪と賠償を求め、その両方を、50年も前に旧世代のなした過ちですら自分たちの責任として認めた現世代のアメリカ人から受け取っている。その一方で日本は、過去の犯罪に対する責任と説明責任を否定しつづけている。これは理にかなってないし、容認することもできない。

(soudenjapan: これ以降は、謝罪し不正と嘘を正し、教科書を改め、態度を改め、アジアにおける名誉ある・・・と言うお決まりの内容なので省略。)


soudenjapan
記録として残すために


jsx123,
いいえ。日本人はそのようなものを求めたことはありません。あれは純粋にアメリカの国内問題だったのです。あるアメリカ人が自国政府にたいし、その第二次大戦中の政策について賠償を求めたのです。日本とは何の関係もないのです。

jsx123
アメリカにおける戦時強制収容に対し


soudenjapan,

強制収容とその50年後の謝罪と賠償は、下のニュース記事を見れば分かるように本当の話です。これは不当な扱いを受けた個人が、過去の戦争にまつわる不正や虐殺に対し補償を求め、それが認められたケースです。
これは二国間の賠償(条約により関係改善する)ではなく、条約がカバーしきれていない個人と国家との賠償問題です。

慰安婦、強制労働者、生物実験の犠牲者、日本軍にる拷問被害者、日本軍に殺された子供と一般市民、生き残った人は謝罪と賠償を求めてきたが、すべて一様に日本政府と裁判所から拒否されました。

簡単に言うと、旧政府の犯した誤りは、現政府が補償するべきです。

アメリカで強制収容された人たちは、そのような対応を受けました。なぜ日本はそうしないのでしょう?個人に対する謝罪と賠償は、侵略者である日本が何年も前に決着しておくべきことでした。しかし日本政府は責任を取りたがりません。過去は消えてなくなるわけではありません。

合衆国、南米の強制収容者へ賠償

1998年6月13日土曜

アメリカ合衆国は、第二次大戦中に強制収容された少なくとも600名の南米在住日系人に賠償をおこなう。各人は5千ドルと謝罪を受ける。2万3千ドルの賠償を受けたアメリカ国内の日系アメリカ人と同等の賠償を求め、1996年に提訴され集団訴訟は、裁判外で決着を見た。
(soudenjapan:南米在住の日系人まで強制収容されていたとは知りませんでした。ほとんどは日系ペルー人で、捕虜交換のために日系人集めがなされていたようです。)


jsx123
New generation vs old generation


The issue of Japanese crimes committed by the past generation having nothing to do with the present generation is a silly statement in the context of a nation. I can think of two reasons this moment:

1. The aggression and plunder done by the earlier generation benefited the future generation of Japanese. This includes the wartime slave labor (eg. Korean slaves sent to work in Japan) and stolen wealth shipped to Japan. The present generation of Japanese are beneficiaries of sorts from the war embarked by their ancestors.

2. The Japanese sought compensation and state apology for the forced internment in America during the duration of the war, and both compensation and an unambiguous apology was acceeded by the present day Americans who assumed accountability for something done wrong by their past generation some 50 years earlier. Japan on the other hand has consistently refused to take ownership nor accountability of their past crimes, which is unreasonable and unacceptable.


soudenjapan
For the record


jsx123,


>for the forced internment in America during the
>duration of the war,


No. The Japanese never sought anything like that. It was a purely American domestic issue. Americans sought compensation to their own government for its past policy during the World War II. It had nothing to do with Japan.
2005-08-24 04:28



jsx123
New generation redressed old generation misdeeds


Dear soudenjapan,

It is true. The internment and subsequent apology and compensation (50 years later) did took place - see two news archive posted below. This is a case of victims - as aggrieved individuals - seeking, and granted redress for war wrongs and atrocities that happened in the past.
This isn't a case between two states (where treaties ended hostilities), but between individuals and state where treaties does not cover.

The surviving victims - comfort women, slave labor, biological experiment victims, civilians tortured or maimed by IJA, children and unarmed adults murdered by IJA - they sought apology and compensation, but were all categorically rejected by Japanese courts and your government. For simplicity, it will actually be: The wrongs committed by the previous state government will, and must, be redressed by the new government.

This is exactly how the civilian internment in US was regarded and treated. Why can't Japan do the same? This injustice should have been settled by way of individual apology and compensation years ago by Japan, which was the war aggressor, but by the Japan government's refusal to take ownership of the state atrocities, the past will not go away.


US compensates Latin America's Japanese internees


Saturday, June 13, 1998 Published at 03:07 GMT 04:07 UK

The United States is to compensate at least 600 ethnic Japanese who were forcibly taken from their homes in Latin America and held in US internment camps during World War II.
Each person will receive $5,000 and an apology. The out-of-court agreement ends a class action filed in 1996 to seek the same reparations as Japanese-Americans who, as US citizens or legal residents, received $23,000 for being interned.

Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/87-c912bc7d
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク