日本は正義を行なっていない、不正義がまかり通っていると考えている韓国人jsx123君です。今回の彼の主張は分かりにくいですが、何に憤っているのか彼の意見に耳を傾けてみましょう。

前回はここまで。

◆ ◆ ◆



soudenjapan
情報ありがとう


jsx123、

>1.旧世代の犯した侵略と略奪は、日本の将来
>の世代の利益となっている。
>
>現世代は彼らの先祖の始めた戦争の受益者である。


個人的には、旧世代が世界の人々と決めた合意事項、現世代が引き継ぐべき契約事項、これらを現世代の人は喜んで遵守すると思います。

あなたの方はどうですか?おそらく韓国か中国の方だろうと思いますが、あなたがた現世代の方は、過去に自国の政府がなした約束を引き継ぎ、旧世代が決めた公式な二国間合意、契約事項を守る意思はありますか?

この問への答えが、あなたの問題への解答となるかもしれません。もし「イエス」なら我々にはすでに条約があり、二国間の賠償問題をどう解決するのかが定められています。もし答えが「ノー」で、過去の世代によってなされた取り決めを引き継がず、新世代は拘束されないと言うのなら、日本人もそうすべきでしょう。


>2.日本人はアメリカにおける戦時強制収容に対し国からの謝罪
>と賠償を求め、その両方を、50年も前に旧世代のなした過ちで
>すら自分たちの責任として認めた現世代のアメリカ人から受け
>取っている。


アメリカ政府による賠償が誰を対象とし、誰を対象としていないかその詳細が分かった今でも、あなたの議論のもう一方の柱はまだ有効なのでしょうか、それとも無効なのでしょうか?

あなたが言及した二つのケースどちらにおいても、アメリカ政府からの謝罪や賠償を受け取ったのは日本人ではありません。なぜだか分かりますか?ご存知ないかもしれないのでどうしてなのか書いておきましょう。

日米間には互いに賠償を求めないという取り決めがあります。つまり第二次大戦中の出来事について賠償請求の必要があれば、両国の国民は、元の敵国によってではなく、自国の政府によりカバーされるわけです。だから例えば、原爆被害者と思われる人でもワシントンではなく東京へと向かい、公式に被害者として認知されるよう交渉するのです。すでに明らかなように、賠償であれ謝罪であれ日本人はアメリカ政府に求めたことはありません。

>日系アメリカ人への謝罪と国家賠償を定めた1988年の法律は、
>1952年までにアメリカ国籍を取得しているか、合法的な外国
>人居住者に対してのみ適用される。国務省の広報官はそう指摘した。


言い換えれば、アメリカ政府の高官たちは日系ペルー人の要求を断ろうとしたが、アメリカとペルーとの間には、強制連行に関する国家間の合意がなく、そうする理由が見つからなかったということでしょう。

いわゆる犠牲者とされる人への政府補償問題については、各個人が補償を受ける可能性はゼロとは言いませんが、ほとんどないように思えます。第二次大戦中に日本軍があたえた損害について、日本は世界48カ国と賠償交渉を終了しています。ですから個々人が賠償を受ける必要があれば、それについては48ヶ国それぞれの政府の責任ということになります。


jsx123
白黒はっきりさせましょう


僕の議論は明確で、他に目をそらそうとしてもダメです。論点を明確にしましょう。もしかすると僕の論点が誤解されているかもしれないので、カギとなる二点についてもう一度簡潔に述べておきます。

A)誰が誰に対して請求しているのか?

犠牲者たちは個人として謝罪と補償を求めています。どの国に所属しているか、どの民族に属しているかは問題ではありません。

これは、天皇裕仁からの直接の命で日本が侵略をし、その時、拷問や不当な扱いを受け苦しんだ個々人と、虐殺を行なった日本兵との間の問題です。それをあわせると日本国が侵略者として認められます。日本国は今日まだ存在しているので政府が変わっても責任は残ったままです。

B)責任をとるかどうか?

戦時中の民間人への虐殺行為は、戦争犯罪です。この場合、民間人虐殺の方が戦争そのものよりも重要です。戦争後、侵略者には二つの選択肢があります。不正を正して過去を過去とするか、それとも不正を正さず責任を否定し、だらだらと時を稼ぎ正義を行なわないか。日本の立場は小泉政権を含めずっと後者でした。ですから日本への不信や怒りがあることはもっともなことです。

投稿しておいた先のニュース記事をもう一度読めば、1996年、アメリカが日系市民に対し謝罪と補償をしたことが分かります(強制収容中に拷問を受けたわけでも障害者にされたわけでもないのにです)。1998年にはアメリカ市民でない人も、アメリカ政府から補償と公式の謝罪を受けています。

日本は虐殺の責任を完全に認めないばかりか、虐殺の事実をもみ消そうとし、過去の天皇や将軍たちに忠誠と敬意を払い続けています。一方ドイツは・・・(soudenjapan: 後はお決まりの指摘なので省略します)

質問への解答はこれで十分でしょう。



soudenjapan
Thanks for the information


>1. The aggression and plunder done by the earlier
> generation benefited the future generation of Japanese.
>
> The present generation of Japanese are beneficiaries
> of sorts from the war embarked by their ancestors.


I personally believe that the present generation of the Japanese is willing to comply with all official agreements former generations reached with other peoples in the world as well as contracts that the new generation is obliged to succeed.

How about you? Assuming that you are either a Korean or Chinese, are you people of the present generation willing to keep official agreements and contracts between our governments, succeeding all promises made in the past by your own government?

Answering this question might solve your problem here. If your answer is "Yes," our governments already have the official treaty that speicfies how to finalize the compensation issues between our countries. If your answer is "No," which means that you are unwilling to keep the obligations passed down from the former generations to your generation, then, why should the Japanese be willing?


>2. The Japanese sought compensation and state apology
> for the forced internment in America during the
>duration of the war, and both compensation and an
> unambiguous apology was acceeded by the present day
> Americans who assumed accountability for something
>done wrong by their past generation some 50 years earlier.


Is this second pillar of your argument still valid or invalid, now that you know the details about who were and weren't compensated by the U.S. government?

In both cases that you made reference to, none of the recipients of the official compensation and appology from the U.S. government were Japanese citizens. Do you know why? Let me tell you why in case you don't know.

The U.S. and Japan have an agreement that says that niether side will ask the other side for compensation of any kind. That is, if one needs to be compensated for events that occurred during the WW2, it will be covered by the government of his own country, not by the former enermy's. Hence, alleged victims of A-bomb, for instance, go to Tokyo and negotiate for the official coverage as victim, not Washington, D.C. As it is clear by now, the Japanese have never sought compensation or state apology from the U.S.governent.


>But a department spokesperson pointed out the 1988 law
>that gives apologies and payments to Japanese-Americans
> states payments can be made only to those who became
>U.S. citizens or legal resident aliens by 1952.


In other word, officials tried to decline the demand from those Japanese Peruvians but in the end they could not find a reason to do so, becaue the U.S. goverment had not had an official agreement with the Peruvian government with respect to the abductions of her citizens.

Now, as to the issue of compensation from the Japanese government to alleged victims, my impression is that the likelihood of individuals getting officially compensated is very very slim, if not nil. Japan has closed the government-to-government negotiations with 48 nations all around the world with regard to the compensation for damages caused by the Japanese military during the WW 2. It is therefore the responsibility of the governments of those 48 nations to cover individuals for compensation if in fact someone needs to be covered.

jsx123
Call a spade a spade


My debates are focused. I am not easily distracted. Identifying the exact issue is simple enough. My points are perhaps misunderstood, so I shall put the contention points in clear simple words on the two key issues:

a) Who demands against who?
The victims sought apology and compensation as individuals. Which state they belong to is immaterial, nor is their ethnicity. The issue is between persons who suffered torture and mistreatment when Japan committed the invasion under direct orders from Emperor Hirohito, and the rank and file of Japanese troops who committed those atrocities during and after those invasions. Together, it qualifies Japan, the state, as the agressor. The same state of Japan still exist today, hence they are liable, regardless of changes in government.

b) Taking ownership, or not?
Atrocities commited against civilians during a war is a war crime. In this instance, the atrocities are bigger than the war itself. The aggressor, after the war, can choose to "right this wrong and close the book" or they simply refuse to right those wrongs which means a deliberate and protracted denial of responsibility to redress injustice - which has been Japan's position all along including the Koizumi government. In which case, you cannot blame the distrust and anger of the victims towards the Japan, as a nation.

If you re-read the news articles I posted, you will notice that US apologized and compensated the victims (they aren't even tortured or maimed during internment!) who were US citizens of Japanese descent in 1996. By 1998, those victims who aren't US citizens were granted compensation and official apology by the US government.

[snip]



Above should answer all your questions in your post.



Only the blog author may view the comment.
http://kokusaitouron.blog.fc2.com/tb.php/88-9fa65073
Use trackback on this entry.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク