国連事務総長選をめぐる報道、世論の現状を簡単に総括しておきます。




1.バン・キ・ムン氏を好意的に評している報道は、地元以外ではなかった。業績という点で一番評価されていない候補者だった。

2.総じてバン氏への期待の低さをあらわす報道、意見がほとんどだった。バン氏の紹介文で一番よく使われた表現は、low-profile (地味、目立った実績のない)とかlow-key (控えめで目立たない)だった。

3.国連事情に関心を寄せるブログ記事、コメント類にもバンしに好意的なものは見られなかった。

4.掲示板では国連事務総長選自体への関心が低く、ほとんどコメントはなかった。あっても、事務総長は誰でも構わないとか、国連そのものの存続に否定的な意見などであった。

5.ネット上の人気投票、世論ではインドのシャシ・タルール氏がだんとつの一番人気だった。

6.韓国人によるネット上でのキャンぺーンの形跡はなかった(英語世界に限る)。



これは個人的な印象なのですが、バン・キ・ムン氏の次期国連事務総長就任が確実視されれるようになった今回の予備投票以降、この選出に関心を持っていた人たちの間には、「がっかり」という雰囲気が漂っているように感じます。マスコミ、ブロガー、その他、みな口数が減ってしまっているようです。あたかも、わずかながら残っていた国連へのかすかな期待が消え去ったかのようです。

あくまでも個人的印象なので、今後、バン氏の就任が本決まりになるにつれて、未来の国連、新事務総長に期待する声が聞こえてくるかも知れませんが、今のところは皆、何とコメントしてよいか分からない状態のようです。白けてしまったのでしょうか。
第四回予備投票の結果、韓国から国連事務総長の誕生という運びになりそうです。バン・キ・ムン氏には反対票がありませんでした。本投票はニューヨーク時間で10月9日朝(日本時間で10月9日夜)だそうです。


Ban 14-0-1
Tharoor 10-3(1 P)-2
Vike-Freiberga 5-6(2 P)-4
Surakiart 4-7(2 P)-4
Ghani 4-11(3 P)-0
Zeid 2-8(1 P)-5

(数字は左から「賛成」「反対」「どちらでもない」)
("P"は常任理事国をあらわす記号)
来週の予備投票(日本時間火曜日)の結果次第で、次期事務総長が事実上決まると思われていたのですが、雲行きが怪しくなってきました。バン外相が火曜日をうまく乗り切ったとしても、その後、本投票までにコケてしまう可能性が出てきています。

キャンペーンがらみの一種のスキャンダルです。韓国政府がバン氏に成り代わって票を買い集めているのではないかと、前々から噂されていたのですが、ここへ来て世界の主要メディアもこの疑惑を取り上げ始めました。

The Times紙
韓国人、金とピアノで国連トップになれるのか
コーフィ・アナンの後継レースでは、対外援助が不可欠か


ワシントンポスト紙
国連事務総長職、韓国の候補者がリード
他候補者たちはバン氏の対外援助、通商政策における役割を批判


国連事務総長といえば、これまでは経済的にはそれほど豊かではない国から選出されてきたので、経済援助をえさとした票の買収はなかったのですが、韓国は今や世界第11位の経済規模を誇る国です。その経済力を元に国連トップの座を手に入れようとしているのではないかとの疑惑です。

ぼくは、タートル・ベイ(地名、国連本部の俗称)の抱える問題の一つが伝統的、構造的汚職であることを考えれば、またその体質を正さなければならないときに、かような候補者を事務総長にすべきではないと思います。

この問題はきちんと調査されるべきですし、少なくとも調査が終わるまでは本投票は先延ばしされるべきだと思います。

こういう疑惑が主要メディアで取り上げられた以上、バン外相がこの疑念を払拭できなければ仮に事務総長になったとしても、金で国連トップの座についた人物と陰口をたたかれ指導力を発揮できるわけがありません。ましてや国連改革など夢物語で、はやばやとレームダックと化す可能性もあります。

とりあえず、反バン外相の立場をとる明確な根拠が見つかったので、今週末はその立場を明確にして、各所での書き込みに励んでみます。口コミで噂を流し、それがさざなみのように伝播して行き、最終的に各国政府への圧力になるまで情報を拡散させるのがWeb 2.0的インターネットの世界でしょうから、もしここの読者の中にバン外相を支持できないと思う人がいらっしゃるのなら、ぜひこのスキャンダルについて各所での書き込みをお願いしたいと思います。
一応、今回の投票ではバン・キ・ムン氏への支持が一票へったので、今日の時点で次期事務総長が事実上決まってしまう事態は避けられました。イギリスが「賛成」から「どちらでもない」へと立場を変えたものと思われます。



第三回予備投票の結果

Ban 韓国(13-1-1)
Tharoor インド(8-3-4)
Vike-Freiberga ラトビア(7-6-2)
Surakiart タイ(5-7-3)
Zeid ヨルダン(3-6-6)
Ghani アフガニスタン(3-6-6)
Dhanapala スリランカ(3-7-5)
(数字は左から「賛成」「反対」「どちらでもない」の順)

願わくば、タイのスラキアート氏には、はやいところ立候補を辞退してアセアンが次の候補を立てられるようにしていただきたいところです。シンガポールのChan Heng Chee女史は立候補しないと表明したようですが、その代わりにタイ王国の元外相、Surin Pitsuwan氏の名が挙がっています。外交コミュニティでの知名度の高さ、イスラム穏健派であることが特徴です。

(注)事務総長選についてはこちらにまとめてあります。
Chapter15ブログである国務次官補の発言が引用されていたので、少し調べてみました。

アメリカ国務省のウェブサイトによると、シルバーバーグ国務次官補(国際機関担当)が記者会見でこう言っています。

1.これから国務長官、外相レベルでの話し合いになる。
2.アメリカはまだどの候補にも賛成していない。
3.安保理メンバーの間でコンセンサスはなく、現段階ではその目処すらたっていない。
4.我々の基準に当てはまる候補者でなければならない。
5.候補者はアジア圏外からでもかまわない。

(9月15日段階)

これに呼応する形でラトビアの女性大統領が新たに名乗りを上げましたが、アジア圏外からの候補者が支持を集められるかどうか分かりません。他にいい候補が出てこなければ、結局、バン外相に収まってしまいそうな状況は変わってないと思います。しかし28日の予備投票でバン外相に常任理事国からの反対票が入っていれば、まだまだもつれる可能性はありますね。




Kristen Silverberg, Assistant Secretary for International Organizations Affairs
クリステン・シルバーバーグ国務次官補(国際機関問題担当)


Washington, DC
September 15, 2006


質問: The term of General Secretary of the UN is ending soon.

シルバーバーグ次官補: Yes.

質問: Does -- the U.S. has already made up their mind whom they want support or from which state groups they might a support a candidate and -- it has to be a subject in this General Assembly, too.

シルバーバーグ次官補: I think it will be a subject of discussion with the Secretary and her counterparts. We have not endorsed a candidate. It’s our view that we want somebody who is going to be, first, strongly committed to effective and sound management of the United Nations. This isn’t a talk-shop anymore. It’s not just a political organization in New York. It’s an organization that has more than 70,000 peacekeepers deployed. It has development and humanitarian programs all over the world. So we want somebody who’s going to be a good manager and committed to continued reform of the United Nations. We also want somebody who’s going to be -- share our values. First, the importance of promoting democracy around the world, a commitment to human rights is also important.

We’ve said that we’re happy to look at someone from any region including Asia. So we’re very open-minded about the region from which the person comes.

質問: Two follow-ups on this. You say that the person will have to share your values of democracy, human rights. Does that mean that the person will be from a country that is a democracy? Is that your preference?

シルバーバーグ次官補: We haven't said that we'll insist on a person from a democracy. What we want -- remember that the Secretary General serves in his or her personal capacity. He doesn't represent a national government, and so the important thing is that we have a leader who's going to help make the UN an effective organization in supporting democracy promotion efforts and in defending human rights. This is something we've had some real concerns about the UN on recently. And this goes back to the question about frustration with the UN.

You'll remember that last year we had a thorough debate with the highest levels of attention about the Human Rights Council and our efforts to replace the Commission on Human Rights with a stronger and more effective body. And we've been disappointed, really profoundly disappointed, by the quality of the resolutions that are coming out of the human rights council. We think they have an unconstructive focus on Israel, and that they really need to turn their attention to some of the key human rights problems in the world: North Korea, Burma, and other places. And so this is something that we think as an important agenda item going forward.

質問: And just one more on that Asia issue. Obviously you've said for a long time that you would look for the best candidate, no matter where they come from. But then the President in a roundtable with reporters before the G-8 Summit actually said explicitly that his understanding is that it's Asia's turn next. And that was sort of seen by many as an indication that perhaps your opinion might be changing and it might be, you know, going with Asia. Is that a sort of good direction that --

シルバーバーグ次官補: I think we'd be very enthusiastic about a strong Asian candidate who met our criteria. And the President I think was reflecting a -- I think the President was reflecting conventional wisdom that this will be an Asian. But it's long-standing U.S. policy dating back for many, many years that we don't -- we don't sign on to the concept of regional rotation. We don't think this automatically rotates between regions. But if there's an Asian candidate who's the strongest candidate and meets our criteria, then we are obviously prepared to support that person.

質問: Is (inaudible) a person at this point?

シルバーバーグ次官補: Again, we haven't endorsed any candidate.

質問: No, I'm not asking about an endorsement, but potentially is there someone who may --

シルバーバーグ次官補: We haven't spoken publicly about the qualifications of any of the existing candidates.

質問: But have you any --

質問: A (inaudible) with the South Korean candidate upfront. Is that who you would be supporting?

シルバーバーグ次官補: Again, we don't address that (laughter) good, though. (Laughter.)

質問: Well, when you say that you want someone who is strongly committed to improving the management and effectiveness of the UN and its budget, I mean, certainly UN officials that were embroiled in the kind of scandals and conflicts that caused you to launch this major reform effort certainly would not be in the running in your case.

シルバーバーグ次官補: Again, we don't want to talk about any specific candidates and we're unlikely to at any point. So -- but yes, we do want somebody who we can be assured is going to hold the UN to the highest ethical standards.

質問: Do you have any signs that Asian countries have unanimous support for one candidate, whoever that might be? I mean, eight years ago that was a failure that they couldn't present their candidate and support it and it was (inaudible). So do you have any sign that this has changed at this time, they come and they end up with one candidate and not two or three?

シルバーバーグ次官補: There is not a consensus Asian candidate right now and I don't see signs of one emerging, honestly right now. There are five Asian candidates and they all enjoy some support, so we don't expect a consensus.

http://www.state.gov/p/io/rls/72344.htm
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 国際討論日記FC2 all rights reserved.
プロフィール

soudenjapan

Author:soudenjapan
soudenjapan、45歳、コンサルタント。やっと英語が楽になり20年かかって英語を握ったと感じる。と思ったのもつかの間、そこには広大な未知の領域が残っているようだ。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク